ガレットを食べに。

夫が水泳大会で遠征に。

夫のいない日曜日は年に一回あるかないか。

なので、羽を伸ばしました。

 

蓼科にガレットを食べに行きました。

たまたま友達が寄ったので、ご一緒しました。

ガレットの美味しい店を一軒、ゲットした感じです。

 

私は、昼は普通の定食のようなランチより、これくらい軽いもの

のほうが好きなんです。珈琲と一緒にね。

 

弁当は夫が自分で作っていった朝と昼用の端正な弁当です。

一年に一回、ゆっくりできる日曜日。

 

今年も、もうひとつのクレマチスが咲きだしました。

そば粉でガレット

隣に住む方が、蕎麦畑を持っています。

毎年、石臼で挽いた新鮮なそば粉をくださいます。

もう10年になるでしょうか。

 

でも、このそば粉、わが家では使うのに、四苦八苦。

貴重なものだとはわかっていても、そばを打つのは大変。

それでも夫が見よう見まねで、そばを打ち、残ったものは捨てたりすることも

あり、大変心苦しかったのです。

 

今日突然、ガレットを作ってみようと思いたちました。

ガレットはそば粉100%で作る洋風の料理です。

 

初めて作ったガレット。

とても美味しく出来ました。

これだったら そばを打つよりずっと簡単です。

毎週でも作れます。

 

夫は「好みじゃない。パリッと焼けてない」とか不満そうでしたが、

来ていた妹が後で内緒声で「とんでもない。とっても美味しくできていたよ。

ガレットってこれでいいのよ」と言ってくれました。

 

いい天気。

猫もベランダで兄弟仲良く、のんびり。

 

野菜料理

コレステロールの値は、今まで正常だった。

この2月ころから、突然わけわからない速度で上がりだした。

運動もしているし、食べ物も普通である。

ストレスがかかったのかもしれないが、原因は不明。

とにかく 343 という値は、患者さんでもあまり見ない高い値である。

我ながら驚いた。

 

運動はすでにやっているので、野菜を多く摂ることに決めた。

野菜料理は得意ではない。

なぜなら、忙しい仕事の合間の料理なので、野菜の副菜が少ない。

野菜料理、おふくろの味、これって、手間暇かかるのだ。

 

今は、朝はサラダやスムージー。

昼、夜は野菜をメインにした。

市場で買ってきた新鮮な鯖を、実だくさん味噌汁にした。

 

努力の甲斐あって、弱い薬も服用はしたが、一ケ月で 262 まで下がっている。

 

まあ、それはともかく、食生活を見直せたことは良かった。

野菜料理が楽しくて仕方ない。

 

私はやっぱり「料理は趣味」と思えるくらい、作ることが好きのようだ。

 

つぎは、こおゆうのを作ってみたい。

 

クリスマスの飾りつけをする人は・・・・・

家に帰ると、窓の周辺がきれいになっています。

夫のカメラやレンズ類でいっぱいでゴチャゴチャしていたところ。

どうも、夫の魂胆があるようでした。

その次の日に帰宅すると、クリスマスツリーの準備が始まっていました。

少しづつ飾りつけられています。

最後にはクリスマスツリーが出るのでしょう。

 

こおゆうことって、すっごく大変ですよね。

私などはもう、ごめんなさい です。

でも夫はまるで女の子みたいに飾りつけが好きなんです。

 

今の家の前に住んでいた山梨の家も、家自体がとても可愛らしいしつらえでした。

窓辺には、鉢植えの花が飾れるようになっていてとても素敵でした。

カーテンもその頃はまだ流行っていなかった可愛いカフェカーテン。

とても目を引く家で、売りに出した時は、出したその日に売れてしまったほどです。

お客さまが来ると「まあ。奥様の趣味、可愛くて素敵!」と言ってくださる。

「いえ、全部 僕です」と夫が答えて、客人は目を丸くするのです。

 

夫のほうが女性的で、私はだめです。

女性的な事柄の中で関心のあるのは、料理だけです。

今日も、しっかり作りました。

料理に関心があるのは、食いしん坊だからです。

 

料理の手際だけは良くて、これだけの料理も朝の片付けと同時に、

すべてだいたいやってから出かけます。

ですので夕食だからと立ち上がっても、ものの15分ほどで出せてしまいます。

大根スープは昨日の山梨日々新聞に出ていたもので、本当に美味しかったです。

地味な暮らし

今日も地味~な休日でした。

書くのもはずかしいくらいです。

朝からスタバ de 原稿。

帰ってから、長らく行けていなかった「喫茶店コース」を散歩することに

しました。

外気温2度。でも風がないので寒くはないです。

喫茶店はストーブで暖かかったです。

往復2時間かかりましたが、人っこひとり出会いません。

 

帰ったら夫が焼き芋を作っていたので、美味しくいただきました。

夕食もそれなりにがんばりましたが、味がすべてイマイチで、夫には大層不評でした。

 

夜はスカイプでちょっと勉強。

ああ、地味~な休日。

ペンションの食事

滋賀県の姪が父(私からは叔父)を初めてわが家に

連れてきてくれました。

三連休で宿がまったくとれず、わが家から歩いて数分のペンションに

やっととれたそうです。

そこで夕食を共にしました。

ペンションに泊まる機会がないので、ペンションの食事など

珍しい。

でもとてもおいしかったです。

自家農園の人参やじゃがいも、コーン、葉物など新鮮野菜が

この地の売り。

ランチもディナーも食べに行かない私にはとても新鮮に感じられました。

☆    ☆    ☆

朝ご飯はこんな感じ。これに自家製パンとコーヒー。

写真をもらって載せました。

マーボー茄子に挑戦

今日はテレビ信州でやっていたマーボー茄子に挑戦すると決めて

いました。

ショウガ、ニンニク、豆板醤、甜麺醤を使って作るのです。

ちょっとわくわくしました。

結局は、やっぱり基本の調味料で作るのが一番安あがりですし、美味しいと思います。

スタバで連載を書いたあと、キッチンの大整理、それから恒例の散歩、そして料理に挑戦。

充実した休日でした。

マーボー茄子はとても美味しくできあがりました。

あまりむづかしく考えず、中華の材料を使うことにしたいです。

新しい料理はわくわくします。

茄子の味噌炒め・リベンジ

味の素のクックドゥを使って評判が悪かったので。

甜麺醤やコチュジャンなどを買ってあった。

でもなかなか使いこなせない。

 

今日みえた85才の老婦人の患者さんはとても料理上手。

味噌炒めのコツを聞いて、使ってみた。

 

「要はなんでもいいのよ。適当に甜麺醤やコチュジャンを使えば

いい。味噌の味が少し違うだけだから」とのこと。

なんだ! そんなにテキトーでいいのか。気持ちがラクになった。

でも・・・夫の評価はイマイチだった。

夫が料理を作るようになると、味にうるさくなるよ、と言われていたので、平気。

 

話しは変わるが。

昨日、医学部の同級生だった男性医師に所用で電話をした。

男の人と違って家事もあるから忙しいと言ったら。

「そんなのは、夫のしつけが悪いんだよ」と言いのけた。

 

本当にそうだろうか。

奥さんにすべてやらせて、しかも三人もいる男の子を甘やかしてたいして家事をさせていないのに、そんなに断定できるかなあと思った。

 

でも議論しても仕方ないので、黙っていた。

 

 

 

 

料理は将来への投資

 

豆腐と豚ひき肉のドライカレーが載っていました。

ドライカレーは子供たちによく作った料理で、子供たちが大好きでした。

でも今の夫の好みではないので、何十年と作っていませんでした。

懐かしく思い出して、本来通り玉ねぎ、ピーマン、人参などを入れて、豚ひき肉メインで作りました。

木綿豆腐も少しだけ入れてみました。

☆    ☆    ☆

料理作りは、将来の自分の身体への投資。

料理をしようと思うくらいの精神的、時間的余裕だけはなくしたくないと思います。

それが目下の私の目標ですし、料理を面倒に思うことは身体に

投資していないことだと思います。

 

新メニューに挑戦。

 

たくさんの、数えきれないくらいの料理の本を買う癖があります。

でも、使った本は一冊か二冊。

定着したメニューは無し。

 

今日は久々に新メニューに挑戦。

鶏むね肉とトマトの煮びたし。

 

わかめやきゅうりを入れてもいいと書いてあったので。

茄子とわかめを入れてみました。

昆布を刻んでダシにするので、味はとても良かったです。

 

定着メニューになるには、繰り返し続けさまに作らないとだめです。

トマトの豊富な間に何回か作ってみたいです。