あっという間に葉っぱ散り・・・

先日、病院のブログを見てくださっている患者さまから。

「最近、愚痴っぽいブログが多いね」と言われて驚きました。

えっ? と何のことだかわかりません。

 

病院のブログは日曜日が担当。

なので、休日の話ばかり。

たまには、仕事が大変だってことも書いてみようかな、と思っただけなのにね。

 

ブログってホント、断片の切り取りなのでむずかしいのですよ。

 

写真をチラと見て、癒されるくらいでお願いしますね。

私は気分転換で勝手に書いてるのですから。

 

先週は、自室の窓から素晴らしい紅葉の景色が見えました。

忙しくて写真撮る暇がなかったところ。今日はすっかり葉っぱが落ちて。

お年寄りの髪の毛みたいにうす~くなっていました。

 

それでも私が部屋に行くと、さっそくやって来るレモンです。

我が家の紅葉

秋も深まってきました。

寒くなって、散歩に出るのがちょっとおっくうに・・・

でも、標高1300Mの我が家の前の道。

ここ2~3日が紅葉真っ盛り。

とてもきれいです。

白駒ケ池に紅葉を見に行きました。

最近、ウオーキングとプールで泳ぐことを毎日やっています。

「毎日」ですが、プールは当直と週末は出来ません。

歩くほうは3ケ月、毎日続いています。

運動することが何より楽しいと思えるようになってきたのです。

ですのでパソコンからは少し、遠ざかっています。

 

夫のズックとリュックを30年ぶりに買い、山に行くように

なりました。ぷち登山以下のぷちぷち登山。

それでも山の空気は吸えますので、気持ちいいし楽しいです。

 

山ガールたちの素敵なカラフルな装いを横目で見ながら、今のところはわたしはダサイ普段着のままで行きますが。

いつか、かわいいのを着てみたいです。

夫がおむすびをにぎり、私も珈琲を淹れたり卵焼きを作ったりして朝ご飯をつくり、湖畔でたべた朝食は美味しかったです。

来週はどこへ行こうかな。

松本の万年筆店

ふだんは土曜日が当番。月曜日に祝日があっても日直であることの多い私にとって、祝日が休日になった今回の二連休は、夢のようにうれしい二連休でした。

万年筆を落として壊したので、夫と松本に買い物と運動を兼ねて

行ってきました。

暑くて暑くて、そうとうバテました。

山田万年筆店は全国版で有名なおじさんの店。

そこから丸善に行って、松本城まで歩いて・・・・

いい運動になりました。

買い物に飢えていたせいか、目がランラン。新しい万年筆まで

買ってしまい、とても楽しい時間を過ごしました。

 

でも、家に着いた途端、緑の樹の中を歩きたくなって外に飛び出して又、歩いてしまいました。

街は楽しかったけれど、なんだか森の暮らしに馴染み過ぎてしまっている感じがしてしまいました。

二連休

珍しく二連休で喜んでいたら、朝早くから携帯電話がなって。

病院に呼びだされました。

病院のブログにも書いたのですが、常勤医師というのは、昼も夜も休日も休みも遅刻も早引けもないので、かなりきびしいのです。

医者は体力じゃないから、いくつになっても出来るね、とよく言われますが、いえいえどうして。

体力そのものです。

知的労働者ではなく、肉体労働者です。

知的労働というのは、その人がいなくても、他の事務員さんなどが代わりにやれる、たとえば税理士さんのような職業。

医師は、医師以外の人では代行できず、ぜったい的にその場にいないとだめ。

また、医師も人間ですが、人々は自分の家族が入院していれば24時間、全責任を持ってもらえると思っていますから、気の抜く暇がありません。

まあ、看護師さんを信頼し、そしてパート医師などを頼んではいるのですが、責任は主治医にありますから、熱が出た、意識がない、などの報告があると、いっきに気持ちが重くなってしまいます。

私の年齢で常勤医を続けるためには、知力より体力をつけるしかありません。

このごろやっと重い腰をあげて、運動をしているのは、そのためですし、医師を本気にやろうという方はたいてい、運動も本気でやっていると思います。

今日は、雨の中、夕方になってやっと傘をさして20分ほど散歩しました。

でもやっぱり若い人と対等に議論する時は喜びを感じます。

最近、職場の方がおひとり、畑でころばれてそのまま意識がない状態が続いており、とてもとても心配しています。

何をさしおいても、怪我と病気に気をつけなくては。

働くということ

職場で、トイレなどのお掃除をやってくれていた方がやめられた。

新しく雇われてきた方が、ちょっと田舎にないタイプだったので

驚いた。

70才を越えておられるらしいのに、見えない。

元気いっぱい。若々しい。

 

とてもきれいにしておられる。そして言うことが・・・・・・

「私、お掃除大好きなんです。特にトイレが好き」

「ぴっかぴかにすると気持ちいい」

 

それで、我が家にも月2回来てほしいと言ったら、喜んで来て

くださることになった。

わが家は遠い。来るだけで大変。

なのに、ものともしない。

働くことが本当に好きみたいだ。

 

「病院のトイレ、黄ばんでいました。真っ白にしました。薬品なんか使わない、ひたすら手でこするの。一生懸命やるときれいになる。気持良くて」

 

本当に頭が下がった。

 

働くって ハタをラクにするっていうけど、本当だ。

それに見ていても気持ちのいい人だと思った。

 

私も同じ働くなら、ハタ・ラク・人になりたいと思った。

 

八島湿原

車山の頂上に、ころぼっくるという名前の山小屋があります。

1956年建立というから60年前からの営業です。

そこに珈琲を飲みに行きたいといいましたら、ついでに八島湿原をトレッキングしようということになりました。

トレッキングというほどのものでもなく、ずっと板で道が作られています。

それでも、最近、毎日1500~3000歩を目標に歩き続けている私の「成果」を見るためにも、歩くことにしました。

風邪ぎみで頭痛と鼻水に悩まされながらも、炎天下をがんばって歩きました。

歩き終えた頃には、風邪は軽くなっていたので、体調を整えるためにプールにも行ってきました。

風邪だというのに炎天下を歩いたり、プールに行ったりとはげしいですが、あまり気にしないでやるべきことをやっているとだいたい一日で治ってしまいます。

風邪の原因はたぶん・・・・・・プールのやり過ぎ(笑)

先日1キロも泳いだんです。

身体が冷えたと思う。

でもダイキライな運動を習慣にするために、今ががんばり時だと思って。

身体を動かすことって楽しいな、と感じるまで少しでもいいから運動を続けようと思っています。

だって、私の場合「歩けなくなる運命にまっしぐら」というくらい車、車の生活なんです。

でも最近では山道を歩いたり、プールに入ると気分がかなり良くなるようになりましたよ♡♥

「そうめんかぼちゃ」って知っていますか。

 

知り合いから そうめんかぼちゃ をいただきました。

丸切りにして30分茹でると、中身が細いそうめんのようになって出てきます。

まさか、こんな瓜のような野菜を茹でて、そうめんになるなんて! びっくりです。

見たことも作ったこともない人が多い中で、私は人生で二回目。

インターネットを見ながら茹でて料理にしました。

しゃきしゃきとした食感の夏野菜。

酢のものにして美味しくいただきました。

やっと体調がもどってきた、明日から9月

旅行に行くと、その日の朝から便が止まってしまいます。

日常生活から少しでも離れると、体調が悪くなるんです。

今月は家から10日も離れていましたので、それでうんと体調を

壊していました。

それからも料理をしなかったので体調は戻りません。

つまり、旅行に出る前は冷蔵庫をカラにするので食材を買えない。

帰ってからは、冷蔵庫に食材がそろっていない。

というわけで、ながらく食生活が悪かったからです。

食生活の大切さはわかっているつもりでしたが、ここまで影響するとは!!

3日前からやっと快眠、快便になった次第。

前はやっつけ仕事で、寝る前に朝のサラダの準備などをしていましたが、今は丁寧に心をこめて準備するようになりました。

もう10時過ぎですけど、このブログを書いたあと、キッチンに立ちます。

サラダといっても生野菜ばかりだと身体が冷えるので、できるだけ茹で野菜を入れることにしています。

夫から「朝っぱらから、こんなに食えん」と言われ「あ、作り過ぎた、ごめん」と言いながら、やっぱり作り過ぎているワタシ。

気合いのはいり過ぎは長続きしないからだめですね。

 

いつまでも春

初めて今の住まいに来た時に、好きだった小菊のような花を植えました。

長く長く咲いてくれて、4月から9月まで、なんと半年咲いていたのです。

耐寒性がなかったのか、その花も今は絶えてしまいました。

 

でもこのあたりは、4月から9月まで、夏がなく、春、春、春、という気候なんです。

この都忘れも、もう何ケ月も生き生きと咲いています。

花ってもっとはかないものだと思っていましたが・・・・・