今夜は優雅なホテル泊。

今日は夜の会議のあと、帰る自信がなく、ホテルに泊まった。

ところが韮崎という街にはホテルがひとつしかない。

やっと空いていた部屋は、風呂なし、トイレなし、4800円。

風呂は浴場があるからいいが、トイレは・・・・・

部屋は5階なのに、トイレは一階。

どうなるんだろう・・・・・・・

家が遠く、高速も怖いので、こないだからホテルを予約したり又キャンセルしたりを繰り返していたが。今日はもうバテバテとなって身体が心配でやっぱりホテルにした。

でも、ここすごいホテル。

優雅なホテル住まいとはほど遠い。

これが田舎の現実、でもめげない。危険をおかして帰るより多分、良い。

明日の仕事が住まいの近くなので、明日を考えると家に帰ったほうがいい。しかし、明日より今日。今日の心配のためにやっと決断できた自分をほめたい。

人生は決断の連続。

ブログをスマホ対応に変えました。

ブログをスマホ対応に変えました。

上の写真は、13年間このブログの表紙でした。

知人が作ってくれましたが、その方はジュエリーの作家さん、女性より女性的な可愛いジュエリーを作る方で私の好みをどうして知ってるの?

というくらいこのデザインを長らく気にいっていました。

でも今回スマホ対応では、このイラストは解像度が低くて使えませんでした。

自分の撮ったチューリップの写真が手元にたまたまあったので、それに変えました。

私の執着は消え、今度の表紙を愛そうと思います。

そしてまた、今度は時々表紙を変えてみようと思います。

 

さて。

スマホ対応にしましたところ、スマホで見るととてもきれいにブログがあらわれます。

そのかわり、パソコンで見ると、なんだか間延びした感じになります。

今、私のブログの読者は9割5分がパソコンからです。

また私自身は スマホを持っていない のです。

 

スマホを持たない理由は、職場からも携帯電話を持たされていますし、iPadもありますし、これ以上忙しくしたくないからです。

持っている人を見ると「いいなあ」と思わぬでもないですが、やっぱり私には不要なんです。

 

ではなぜスマホ対応にしたかというと、スマホで気軽に見てくれる方を増やしたかったから。

 

今日は職場の女性のスマホから自分のブログを見せてもらいました。

でもその方は、全然関心なさそうでした(笑)

 

今の若い人は、こんなブログを見るためにスマホにしてるわけじゃあないですからね。

 

でも決めたので、これでいきます。

よろしくお願いします。

 

と言いつつ、やっぱりスマホ対応だと、長い文章はどうなのかしら。まだ改行に慣れません。

また、読者さんの意見も聞きながら考えます。

(といってもどなたが読者さんなのか全然わからないんすけどねww)

男の子に生まれたかった私ーーー中学生の日記から

中学2年生の時の日記が出てきました。

☆    ☆    ☆

今、球技大会のことでクラスがもめています。今日はちいさなけんかになりました。わざわいは口からと言うが、Y子さんも私ももうちょっと口をつつしんでいれば良かった。私たちはよくけんかみたいになる。けれど、わたしはあとまでネチネチしないほうである。今回もなんとも思っていなかったのに、Y子さんが私とはもう口を聞かないというので困っています。

 

声をかけても、ロクに口をきいてくれません。そこで私も腹をたてて、口を聞かなくなりました。

今日も仲良くしようと思って近づいていったら、廊下で出会っても、こちらを見てじっとにらんだのでわたしはつい声をかけそびれてしまいました。

 

こんな喧嘩はもうしたくないと思います。もう口を聞かなくなって12日にもなるのです。

 

先生。

今日はこころにわだかまっていたことを全部この日記に書いてしまいました。だから嫌なことは、私の心から出てしまったのです。

 

あしたはもう。わたしとY子さんの明るい笑い声が教室から聞こえてくると思います。

 

先生、見ててくださいね。

☆     ☆     ☆

と書かれていた。中学2年生の春である。

東京に住む彼女とは、今もおつきあいがある。

 

 

毎日の日記には、赤ペンで先生の丁寧なコメントがつけられている。

 

●友達とのいざこざ。

●気分がすぐれなかった日のこと。

●つばめが巣を作ったこと。

●なんでも話せて、心から笑える家庭を作るのが夢だというような    こと。

●家庭が不幸なので、かわいそうだと思う友達のこと。

●進路の相談。などがいっぱい書かれている純情な日記だ。

☆     ☆     ☆

女の子らしい観察記録もあった。

 

「毎日、この日記でけんかがおこる。

「なあ、見せてんか」と誰かが言う。「いやや」ともうひとりが言う。見せて、見せないでの喧嘩が毎日2回はおきる。

女の子は本当にねちねちとなんでも喧嘩の種にしてしまう。

そして、泣いたり笑ったりをくりかえしている。

わたしはあっさりした性格だし、なんでもしんぼう、しんぼうと言い聞かせているのだけど、女の子のいざこざは、見てるだけでも大変です。

先生、わたしは男の子に生まれてきたかったです。

男の子はなんでもすっきりさっぱりとしているのでいいなあと思う。

神様、今度生まれてくるときは、男の人間にしてください。

 

と書かれていて、笑ってしまった。

 

私が「男」だったら、随分ネチネチとした男だったろうか。

それとも、普通の男性よりさっぱりしててカッコ良かったかも。

うん、私って行動的だし、ネチネチしないし、太っ腹だし。

職場の男性たち見ていても、私のほうが男性的で、決断力があって

行動力があって、太っ腹でかっこいい気がする(笑)

病院という所は、看護師さんたち女の世界。

どろどろとした女の世界に近づかず、うまくたちまわっているのも

すでにこの頃から萌芽がある。

 

先生のコメント。

「男、女は人間の宿命だから仕方ないよ」と書いてあった。

 

中学1年から3年間、こんなにしあわせな出会い(先生と生徒)があったことに心から感謝した。

☆    ☆    ☆

それにしても、わずか13才で私の人格はもう出来上がっていることに驚く。今と同じである。

辛抱強く、ネチネチが嫌い、観察力がある、書くことが好き。

(たった12年間生きただけで、人間って赤ちゃんからここまで成長するんですね。)

 

そして。

笑いのある、なんでも話せる温かい家庭を作るのが夢です。

にも笑った。

夫から半分は逃げ回っていますが(笑)、一緒にいる時には

よく話し、笑いが絶えません。嫌味や喧嘩もまったく無し。

あれええ、この願い、叶ってるぅと思いました。

(一回離婚してるので、年月はかかっていますが、

したかかに目標は達成しておりますね)

今週はトンデモナイ週でしたが、まだ終わっていないのですね。

 

今週の月曜日は、日ごろの疲れから頭痛があり。

職場で、ふだんなら絶対スルーしていることに妙にひっかかってし

まいました。

普段から電話なんかしないのに、気がすまなくて、電話をしてしま

いました。

 

ところが、そのお返事があまりにも素っ気なく、きつかったので

もやもや感が始まってしまいました。

 

同じように、その方にもやもやしている方をつかまえて愚痴りまし

た。

 

それが間違いの元でした。

 

その方の矛先が私に回ってきたのです。

3時間半、私の弱点を言われっぱなしでした。

何か言い返すと、ますます時間が伸びそうでしたし、丸くおさめた

かったのです。

卑怯かもしれませんが、わたしはあくまで平和主義者なのです。

 

私には かみついてくる攻撃的な人にとても弱いという特徴が

あります。

 

その夜、風呂に入った瞬間に、ひどい不整脈の発作が出てしまいま

した。

その日は、すぐに薬で11時間寝ました。

そして翌日は普通に仕事を出来ましたが・・・・・・

 

今日はまた、その続きの話しあいがありました。

今度の矛先は私ではありませんでしたが、聞いているだけでドキド

キしてしまいました。

 

そして今、当直の時間に入ったころ、また頻脈発作がおきました。

 

この不調は久しぶりなんです。

組織の中に入って40数年。

人間関係でつまづいたことは一度もない、と豪語していた私。

しかし、今回は見事にひっかかってしまいました。

 

苦手な人と激論を交わすのではなく、苦手な人とは距離を置くこと

で、組織の中で何事もなく仕事してきた私。

 

今回は組織の中の理不尽さを嫌というほど味わいました。

 

もともと疲れていた原因は、このブログもあります。

ちょっと頑張り過ぎる傾向が、私にはありますね。

 

考えさせられた一週間。

 

組織で働くことは正直、大変です。

でも楽しいこともいっぱいあります。

また気をとりなおして、働きます。

 

餌がなくなり、「ちょうだい」と口で言えず、目で訴えている

レモンといちご。

いとおしいです。

 

 

 

知人ご夫婦の訪問を受けて

ピアノの大好きな知人ご夫婦が遊びに来てくださいました。

2時から5時過ぎまで、話がつきませんでした。

10年以上前からの知り合いですが、ゆっくり来ていただいたのは

初めてです。

奥様のピアノはかなりお上手でした。

ピアノが喜んでいるでしょうね。

 

実は夫の建築した家のお客さまです。

こんなに長いおつきあい。

また医療関係と違って、家を建てたお客さまとは、家族同士の

長いおつき合いが出来て、有りがたいですね。

 

医療関係では、私的なおつきあいは出来ません。

仕事と私生活は、完全分離ですね。

その点、お家を建てた方とは、いい関係が長く続きます。

それも、夫の建てた家のファンですから、私たちも心を許すことが

できます。

夫が最近、家にくっつけて、天体観測所を作りました。

5m以上あるでしょうか。

足場もたのまず、自分ひとりの力で基礎を打って、順序よく建てて

いったのですが、いくら本職さんだとは言っても、ひとりで作るの

は相当、大変なはず。手際の良さには感心します。

 

ここで珈琲を飲もうと誘われていますが、私は高所恐怖症なので気

が進みません。

レモンは、高所をものともせず。

好奇心満々で登っていきます。

さすが男の子ですね。

 

結婚式に出て、はちゃけてしまいました。

 

職員の方の結婚式に出ました。

祝辞を頼まれていたことが、すごく気重でした。

「かたくるしい式辞だけはやめて」と頼まれていたので。

わざと何にも考えていきませんでした。

 

それが災いして、新郎や新婦の名前が出てこなかったり。

「このたびは親族に方におけましても・・・・」だとか。

「このような華やかな席にご招待いただいて・・・」などの

定型文でまず、つまづいてしまいました。

 

瞬間、こりゃダメだ! と 思いました。

 

そこで、思いきりハチャケル方針に切り替えました。

新郎の名前をわざと呼びまちがえて、招待客に助けを求めたり。

新婦が新郎に惚れた理由を、質問形式にして、招待客に投げかけ

たりして、普通の祝辞からかけ離れたものにしました。

 

そして、結婚生活へのアドバイスは、行く時に夫に「何を話そう」

と言った時の、夫の回答を、「わが夫の回答」として披露しまし

た。

 

結婚生活は忍耐と努力を永久に続けること。

「ほおお」「へええ」と言いながら相手の話を聞き続けること。

相手を 三歳児だと思って「よく出来たわねえ」「よく頑張った

わねえ」「疲れたでしょ、お休み」など 三歳児だと思えば優しい

言葉も出るし、期待もしないからちょうど良い」

 

それを幼児に言うように面白おかしくしゃべりました。

 

これが受けに受けまくって、会場が大爆笑の渦になりました

 

新婦の「かたくるしいものにしたくない」という気持ちを汲んで

自分がバカになれたことが成功した秘訣だと思いました。

 

帰りに夫に話したら「私は漫才師じゃありません。一応、院長

です」とつけ加えないとね、と言われました。

 

新婦が、子供のころ習っていたというピアノを弾いてくれました。

 

最初から最後まで「かたくるしくなく、和やかな結婚式にしたい」

というふたりの願いが、うまくいっていた結婚式でした。

 

楽しかったです。

でももう、結婚式には出ないと思います。

 

細身のワンピースは、かろうじて着れました。

☆   ☆   ☆

袱紗も持っていない私のヒジョーシキ人生は・・・

さて、明日に職員さんの結婚式を控え、今日やっと思い出したのが

お祝儀袋を買わなきゃ、ということ。

ダイエットしてワンピースが入りますように、ということしか頭に

なかった私。

 

そして、それを何に入れて持っていくんだっけ? と 常識知らず

の私は、もう億劫になり始めてきました。

お祝いの気持ちさえあれば、出なくてもすむんだったよね。今まで

私はそうやって生きてきて、何ひとつ困ることはなかったはず。

 

夫に話したら「自分が何か持ってるよ」と言って紫の袱紗を出し

てきました。ああ、助かった!

 

4回目の私より、さらに結婚式に出た回数は夫のほうが少なそうで

すけど。夫のほうが私よりジョーシキ人のようです。

 

夫が「昔の人は暇だったから、形式的なことをああでもない、こう

でもないって作っては忙しくしていたんだよ。現代に生きるあやこ

さんができなくても、仕方ないよ」と慰めてくれました。

 

こうやってブログを書いていましたら、猫たちが集まってきまし

た。しっかり私のそばでくつろいでいます。

ゆっくりしたの、久しぶりだね。お前たちもうれしそう。

 

そして、それぞれに私の部屋の居場所を見つけていびきをかいて

寝てしまいました。

 

こんな時間、しあわせですね(^^♪

 

 

 

コクテル堂で珈琲豆を

昼休みに車で3分のコクテル堂へ出かけた。

下記をクリックすると出てきます。

 コクテル堂珈琲

挽きたて珈琲豆の工場が韮崎にあり、小売りもしてくれる。

とても新鮮。

卸しなので安く、昨年まで20年間、値上げがなかったのは

すごいと思う。さすがに1~2割あがった。

 

わが家は20年、ここで豆を買っている。

東京のカフェなどに卸しているので、豆は良い。

 

昨年、ここの駐車場でバックして車を止めるとき。

広い広い駐車場なのに、職員さんの車にぶつかってしまった。

止まっている車に、である。

 

はずかしくて一年は、職場の人に買いに行ってもらっていた。

 

今日はとうとう行って謝った。(もちろん修理はさせてもらった)

 

職員さんの車とお客さんの車の境に、駐車止めが置いてあった。

こんな広々とした駐車場。工場なので、客の車もない。

どうしてこんな場所でぶつかるのか、自分でもあきれる。

2年と3ケ月ぶりの投稿

 

 

私とインターネットとのつきあいは、もう20年。

ホームページを作り、ブログに変わり、ブログ歴も12年。

 

何でしょう……人と会うのが嫌い。

なくせに、インターネットは好きみたい。

(スマホは持ってないんですが。忙しくなる気がして必要ない)

 

そんな私が、このブログを2年も休んでいたのは。

ワードプレスさんの事情で、アクセス制限がかかってしまい。

突然つながらなくなったから。

 

インターネットでつまずくって。

 

すっごく嫌~~じゃあ、ないですか!

 

嫌になっちゃったんですね。

それでやめていました。

でも、突然、再開する気になって・・・・・

 

自分の歴史がつまっているこのブログ。

やっぱり大切にしたいなあと思って。

 

今日の話題は食べ物。

今朝の朝食です。私はこれに納豆がつきます。

 

朝ってあまり食べない人、多いんですよね。

私もそうなんです。

でも、夫さんが「ぜったい朝は食べる派」なんです。

それで仕方なく作っているうちに、私も食べるようになりました。

 

このサラダ。

この土地の新鮮な野菜がいっぱい入っているんですよ。

レタス、ほうれんそう、香草野菜、セロリ、ブロッコリ、えんど豆などなど。

名前の憶えれない野菜も。

 

酵素飲料が売れまくっていますけど。

 

本当は生のもので 酵素をとるのが一番のようです。

 

☆    ☆    ☆

せっかく、アマゾンアフィリテイトのIDを持っているので。

私の本をクリックひとつで買えるように画像を貼りたかったのですが。うまくいきません。今度、出来るようにしておきますね。

 

(注)画像をクリックするとアマゾンで購入することができます。

 

オカリナ「樹・音」うたいつつ歩まん

今年の9月末に樹のオカリナに出会いました。

住まいの村で作って吹かれていたのです。

さっそくはじめまして、2ケ月のちに演奏会に出ました。

あまりの下手さ加減に、夫から編集の仕様がないといって

ほおっておかれました。

音のずれはパソコンのせいではありませんと書いておけ、と言われました(´・ω・`)

http://youtu.be/u9wCJQb_ss0