茄子の味噌炒め・リベンジ

味の素のクックドゥを使って評判が悪かったので。

甜麺醤やコチュジャンなどを買ってあった。

でもなかなか使いこなせない。

 

今日みえた85才の老婦人の患者さんはとても料理上手。

味噌炒めのコツを聞いて、使ってみた。

 

「要はなんでもいいのよ。適当に甜麺醤やコチュジャンを使えば

いい。味噌の味が少し違うだけだから」とのこと。

なんだ! そんなにテキトーでいいのか。気持ちがラクになった。

でも・・・夫の評価はイマイチだった。

夫が料理を作るようになると、味にうるさくなるよ、と言われていたので、平気。

 

話しは変わるが。

昨日、医学部の同級生だった男性医師に所用で電話をした。

男の人と違って家事もあるから忙しいと言ったら。

「そんなのは、夫のしつけが悪いんだよ」と言いのけた。

 

本当にそうだろうか。

奥さんにすべてやらせて、しかも三人もいる男の子を甘やかしてたいして家事をさせていないのに、そんなに断定できるかなあと思った。

 

でも議論しても仕方ないので、黙っていた。