夏野菜

 dsc_0039.JPG

夏は一番料理が楽しい季節です。

鶏と野菜を揚げてみました。

夏野菜って、何にして食べても美味しいですね。

今日もどこの直売所もはなわっていました。

わたし流しあわせの見つけ方

15年の歳月

精神保健指定医の研修会に昨日から東京に行ってきました。

これは20年前から始まり、5年に一度受けなければいけません。

一年に10回くらいに分けて開催されるので、行けるのを選んで受ければいいのです。

2万人くらいいる精神科医が全部どこかに出席しますから、毎回、どなたかと「あら!」ということがあります。

15年前の大阪で受講したとき、偶然一緒だった富山の女性の先輩と今回もまたでくわしました。

出合った瞬間「前より若くなったね」といわれました。15年の歳月を経て、ふたりは見つめあいました。

彼女もちっとも変わらないように見えました。

でも、どう考えたって15年前より若くなっているはずがないのです。

15年前か・・・・・・・・・北陸にいました。別居して、開業したばかりで経営も大変でした。

4人の子供が思春期の最中で、娘はうつ病でしたので、苦労を背中に背負ったような状況だったでしょう。

若かったけど、きっとそのころ若々しくはなかったでしょうね。

「今 どこ?」といわれ、転々と住まいを移した経緯を説明すると「腰の座らない人ね」とあきれ顔でした。

彼女は、ずっと同じ病院を勤めあげ、定年後もやめさせてもらえないとぼやいていました。

「ご主人は?」と聞きました。

「亡くなったの。65歳のとき・・・・・」言葉がさびしく聞こえました。

「そうだったの」と言って わたしは 黙りこみました。

「いろんなことがあるよね、人生」と彼女が言いました。

「そう、まだまだ安心できないよね」とわたしが言いました。

トイレ休憩の ほんの数分の再会でした。

研修が終わった後、さがしましたが、彼女は風のように消えていました。私だけ会場にひとりぽつんと残っていました。

彼女のことを懐かしかったのじゃなく、ドン!と北陸に腰をすえている彼女から

匂ってくる北陸の匂いがなつかしくて、今日は信州の家に帰りたくない、と思いました。

だって、35年も北陸にいたのですもの。私の人生のほとんどすべてが詰まっている年月の。

それでも、帰る家はここしかないので帰ってきました。

帰宅して話すと、妹はわかってくれましたが、夫からは「それだけ年とったということさ」と

言われました。

わたしたち3人とも、根無し草なの。

たくさんの違う町に住んで、あちこちに友達作って、いろんな楽しい思い出や経験がどんどん増えて。

ふだんはとても楽しいと思って暮らしているのに、30年後、たったひとりになったら、どうなる?

そう言ったら「きみが 最後に残るって 誰が決めた?」って言われて「そうね」って答えたけど。

最後は、どこに住んでいても、私の父も母も、祖母も、そして今は 近くに住む夫の母もさびしい思い

しているんだろうなあ、きっと気持ちは孤独よ、と話しあったことでした。

嫁も優しいし、孫もかわいいけど 一日も早く 亡き夫のもとに行きたいの、って いつも泣く

わたしの年老いた患者さんを思い出しました。

本当に センチな一日でした。

東京は2日とも、それほど暑くなかったです。意外でした。

わたし流しあわせの見つけ方

人生はただ生きていてはいけない

せっかくの三連休に、パソコンから離れられず、講演の原稿に執着していたせいで

連休明けの気分がすっきりせず、なんとなく ゆううつ。

休日の過ごし方が悪いと、休み明けの気分がスッキリしない。

こんなに仕事のことなんかに執着しないで、本当はもっと好きなことばかりやっていたら

そのほうがずっと人生は楽しくてラクだろうに・・・・・・・・・

出かけたり、ぱーっと遊べればこんな気分には。。。。。と悶々としていた今日。

新聞で 直木賞作家の井上荒野さんのインタビューを読んだ。

       ☆      ☆      ☆

井上荒野さんは 故井上光晴さんの長女さん。

お父さんが生前、言っていた言葉にこだわり続けて今があると語っていた。

その言葉とは。

「人は、ただ生きていてはいけない。客観的評価やお金に関係なく、

自分の心の一番たいせつな部分がかかわっていると信じることができる何かを

見つけなければならない」ということだったという。

怠慢な自分が失敗し続け、体を壊してまで書き続けたのは 父の言葉のおかげだと。

         ☆     ☆     ☆

たいした能力もないのに、わたしが講演や著作にこだわるのも

きっとそれが わたしのこころの一番たいせつな部分にかかわっているせいでは

ないだろうか。

きっとそうだ。だから遊んでいるほうが ぜったい楽しいと思えるのに、

今の苦しさから 逃れることもできないのだ。

診察は本当に好きだし、能力もそれなりにあると思う。

しかし講演や著作の能力は 謙遜ではなく それほどない。

それでも こだわるのは たぶん、そういうことなのだろう。

きっと、「ああ 努力しといて良かった!」と 納得する日もいずれくるかも。

今日は そういう オチを 自分に用意して 納得したのであった。

わたし流しあわせの見つけ方

プチ・ドライブ

 sai.jpg

三連休はどこにも出かけなかったが、さすがに食べ物が底をつくので

やむなく買い物に出かけた。

ついでに プチ・ドライブ。

ここのカフェのテラスは最高の雰囲気。

向こうに見える、ゴールデンアカシアが大好きなのだ。

ふたりで黙って、ただぼーっとしていた。

わたしの場合、かなりの怠け者体質なので、

3時間くらいなら、ただぼーっとしていられるのだが

500円のコーヒーだけではそうもいかないと、一時間くらいで出た。

さすがにシャバは暑かった。

都会から来た人の車で、どこもかしこもあふれていた。

        ☆     ☆     ☆

出かけたがりの活動的な夫と、出不精で怠け者のわたしとは、

最近、わたしのほうが勝っている。

都会の人が競ってやってくる土地にわざわざ大きなお金を投入して家を建てたのに、

また出かけてどうするの。

お金を使わず、出かけないで楽しむことを増やしていこうよ、という私に

今のところ、夫は反論できずにいる。

わたし流しあわせの見つけ方

ああ、ヤダヤダ!

メンタル ヘルスのことをまとめたいと思って、このブログを作ったのが今年の初め。

でも、ブログでは書くことができなくてあきらめてしまった。

やっぱり自分のパソコンを持たなくては、と ノート型パソコンを買ったのが4月半ば。

それ以来、暇さえあれば、パソコンで何か書いている。

なのに、テーマが大きすぎるのか 能力がないのか 書けないままだ。

自分でノルマを作ればいいか、と思い、秋に講演をさせてもらうことにした。

さあ、おしりに火がついた!

もう大丈夫、と思ったが甘かったようだ。

来週には、ナースの前で 講演の練習をさせてもらうことになっているのに、まだ書けてない。

資料のために本を読めば読むほど、迷ってしまうからだ。

夜という夜、休日という休日をそのためにつぶしているのに。

まあ テーマが大きいわりに 能力がないということかなあ。

いくら能力がなくても、この努力がまったくのムダということもなかろうて・・・・・・

わたし流しあわせの見つけ方

願えば叶う??

 dsc_0161.JPG

暑さに弱く、6月頃からグッタリし始めて7月8月は死んだようになっていた私です。

仕事は嫌いではありませんが、夏の2ケ月は働きたくない。心底そう願っていました。

それくらいに悩んだ苦手な夏。しんどくてしんどくて・・・・・何かビタミンでもひとつ足りないんですかねぇ・・・

ところが、今年の春から大きな施設で働いているために、温度がとても自然に調節されていて

冷房のかかった感じがしない涼しさ。

家のほうはもちろん、エアコンなしの暮らし。

べランダにぼーっと座っていると、春のような涼しさだけど、気配は夏。

うぐいすの鳴き声にたしかにセミの鳴き声が混じっている。

頬をなでる風はたしかに夏の風。

涼しい夏をすごしことができたら、多少の寒さは我慢のできるわたしです。

今日も最高でも24度くらいだと思います。

これから散歩に出かけます。

dsc_0162.JPG

公園はクラフト市の真っ最中。

全国からクラフト作家が160軒、店を出しています。

ひとつひとつ見てまわって、、目の保養。

dsc_0163.JPG

一巡して、帰ってきました。

やれやれ、それなりに外はやっぱり夏だった。

ただいま。

今いちばん咲いているのは スカビオサ(マツムシ草)です。好きな花。

dsc_0167.JPG

わたし流しあわせの見つけ方

アナベル

 dsc_0006.JPG

引っ越してすぐ植えたアナベルが

今年初めて花を咲かせてくれました。

わたし流しあわせの見つけ方

作業療法

統合失調症の治療に「作業療法」っていうのがある。

なんということはない。

病気療養中の人が、ぼけっとしていてもロクなことはないので、みんなで遊んだり、

畑仕事をしたり、クッキーを作ったりして過ごす、それだけのことである。

それが、けっこう治療的になって 良くなっていくのだ。

       ☆     ☆     ☆

でも、このわたしだって、同じように毎日「作業療法」を受けている。

だいたいにおいて、わたしの仕事も「作業療法」を受けてるようなものだ。

昨日は休日だったけど、実にしまりのない一日だった。

月曜日に、こうやって「作業療法」に来れるから、健康でいられるってものだ。

ただ私の場合「作業療法」という治療にくる場所が、たまたま病院だったなんて 

ダシャレにもならないよ。

近くのみんなを見ていても、若い人は「作業療法」で仕事に来ているけど、

仕事のない人も、ゴルフ、畑、○○教室、ジム、ゲートボール、庭仕事、図書館・・・・・・

どこか毎日行くところがなかったら人は生きていけない。

毎日行くところがない人も、旅行したり観光めぐりをして場所を変えないと生きていけない。

このあたりでは自宅と別荘をせわしなく 行き来している人もいる。

誰も彼も、みん何らかの形で、「作業療法」を受けていなかったら生きていけない。

まあ みんな同じですね。

「作業療法」の内容と場所が違うだけで・・・・・・・・・

         ☆      ☆      ☆

夫は明日から 三重の海で 釣り三昧ですって。

このひともまあ、いつも何かしてないと落ち着かない人だから。

鮎のように ひらひらひらひらと しっぽ動かして 泳ぎっぱなしでないと

落ち着かないんですって。

わたし流しあわせの見つけ方

今日の散歩

 mizuumi1.jpg

一日パソコンで原稿を書いていました。

書いては消し、書いては消し。

2日間で出かけたのは散歩だけ。

なんか小説家みたいな暮らし。

今日はミヤマオダマキを見つけました。

odamaki11.jpg

わたし流しあわせの見つけ方

オープンガーデン

 住まいの近くはペンション村です。

春から夏はオープンガーデンをやっています。 

dsc_0136.JPG

dsc_0138.JPG

dsc_0139.JPG

暑い一日だったのでしょうが、このあたりは 22度くらいだったので

帽子もかぶらず、ゆっくりお庭めぐりをしました。

dsc_0146.JPG

最後に友人のお庭で 一緒にお茶しました。

一週間の疲れがドッとでて、体調不良でしたが、夕方には元気になっていました。

わたしは庭仕事がきらいなので、自分の庭は、まったくの夫まかせですが、

暇さえあれば外に飛びだして散歩して、森やお庭を見てまわるのが大好きです。

わたし流しあわせの見つけ方