あなたには 何%の 男性性(女性性)がありますか

今日の朝日新聞に、40年間ひそかにブラジャーをつけ続けている
大手企業管理職の58歳男性の記事がある。
仕事人として、立派に役職を果たしながら 一方では毎朝 30いくつものレースのブラジャーの中から、その日の気分にあったものを選ぶという。

たった3枚か4枚の きわめてシンプルなブラジャーしか使いまわしていないわたしより、よほど 女性的であることには間違いがない。

こういう男性は、世の中に想像以上に いっぱいいる。

どんな男性にも、かならず女性性がある。
どんな女性にも、かならず男性性がある。

男性性とは、人間の中の 男性的な部分、たとえば きっぷが良いとかリーダー
シップがあるとか決断力があるとか、はたまた 粗野で粗雑であるとか相手に気配りが欠けるとかいろんな色合いがある。

かたや女性性にも、優しく、美しいものを好み、世話好きで暖かいという面だけだけなく、心配性で うじうじしていて 決断力がなく 嫉妬深いなどの面もある。

どんな男性も 100%男性性しかなかったら、シュワルツネッガーみたいになってしまうし、どんな女性も 100%女性性しかなかったら、昔の中国の 纏足の女性みたいに自己主張のまったくない人になってしまう。

自分を考えてみてほしい。
自分のまわりをみまわしてみてほしい。

男性でも、ロマンチックで静かな音楽を好んだり、かわいい装飾品に関心があったり、女房のつくる料理の段取りを知っていたりする人がいる。そんな男性は、相手のこまかな心模様を手にとるようにわかっていたりする。

そんな人を相手にすると、女性は話も合うし、気持ちをわかってくれるし、やはりうれしいものだけど、度が過ぎると 気を使うし、こまかすぎて うっとうしい。

過ぎたるは 及ばざるがごとし。
女心なんかには ちっとも関心のなさそうな 鈍感な男性を見ると 案外 ホッととしたり 世話を焼きたくなるのもまた 女心というものである。

さて、わたしはどうかというと、こういう職業を続けているということは 女性性が高くなくてはぜったい出来ない。
患者さんが ああでもない、こうでもないと愚痴っても、何時間でも聞いていられる。
男性でもカウンセラーなどをやっている人は 女性性が特別に高いと思ってまちがいがない。
そういう男性のパートナーは、男性性の強い さっぱりした女性が合うというか
お互いに ホッとするのではないかしら。

一方で、医師というのは決断力がいる。決断の連続だ。うじうじしていては勤まら
ない仕事。
なので 男性性も相当に高いのである。
女性性が 6か7、男性性が 3か4くらいはあると自分では思う。

だから 男性性のあまりに高い、「おれについてこい!」タイプの頼りがいのある人を パートナーに持つと ぶつかるかもしれないね。

わたしの夫は男だ(もちろんだけど)。
会社を経営して若い人を 使っているので決断力の塊、すごく男性的だ。

ところが 一歩内面に立ち入ると、いやいやビックリ! 男性のわりにはけっこう繊細で神経質、そして めちゃかわいいものが好き。
レースのカフェ カーテンを買ってきてセットするのは夫だ。
でも 私が男っぽいからちょうどいいかなあと思ってみている。

というよりか、家にいるとバランスをとるために だんだん男性的になり、あまり
こまかいことにこだわらなくなっている自分に気づく。

どの夫婦も そうやって バランスをとっているのかもしれない。

いずれにしても、自分の中の男性性と 女性性を自覚すること。
自分の中で バランスよく配置すること。

そうすることで 生きていきやすくなったり、異性とおつきあいするときも(恋愛ばかりではなく 職場やご近所づきあいも含めて)相手を 理解しやすくなると思う。

そしてわたしの提言。

世をリードする男性たちが、自分の女性性を自覚し、少しでも伸ばしていくだけで
世の中は今より平和的で暮らしやすくなると思うのだが・・・・・

わたし流しあわせの見つけ方

①医学部に入る

わたしが生まれたところは、滋賀県の琵琶湖のほとり。すごく片田舎です。
お店も何もない。山と川と田んぼがあるだけでした。
でも今で言う「おタク」だったわたしは、あまり外で遊んだ記憶がありません。
おばあちゃん子だったので、祖母にまとわりついたり、絵をかいたりしながら過ごす、おとなしい子供でした。

自我らしいものが芽生えだしたのは、中学校に入ってからです。男の子が理屈にあわないことを言って弱い子をいじめたりすると、ものさしをふりかざして、男の子を追いかけた覚えがあります。だから「おんな弁護士」というあだ名をつけられました。

すでに「わたしは、将来、自分らしく生きたい、自分らしい仕事をしたい」とそんなことばかり考えていました。

中学校1年のときの日記にこう書いています。
「友達に聞いた。ねえ、看護婦さんになることを、どう思う? 友達は言った。
看護婦さんはオールドミスになるさかい、かなん。でもわたしは思う。もし人の役に立つのであれば、たとえ結婚できなくてもしかたありません」

そんなわたしが、高校3年になって、いよいよ受験する大学を決めることになりました。

わたしは柄も声も大きいので、一見元気が良くてさばさばしており、男性的に見えます。「生意気な女、男まさり」と見られます。

でも。自分しか知らない自分の内面は違うのです。
見かけによらずウジウジとしており、また自他にかかわらず、心を痛めることが多い。また世話好き。とにかく割合女性的な面が強いと感じていました。そこで、さあ 看護婦さんか保健師さんの出番です。
看護婦さんの大学はなかったので、当時あった東大の保健師さんの大学かどこかの薬学部を受けようと思っていました。

小学校の校長先生をしていた父は、厳格で、会話などないような親子関係でしたが、それを聞くと、こんなことを言い出しました。

「医療職につきたいんか。それなら やりがいという点では医者になるのもいいんじゃないか。ただし 医者はきれいな仕事じゃない。人間の心身の汚い面を見る仕事だ。でもそれがいやじゃなかったら、医学部にしたらどうか」

田舎です。お百姓さんか学校の先生かお坊さんしか見ていないような環境です。
医者など、考えたこともありませんでした。

母が泣いて反対していました。
母も小学校の先生でした。でも「女性が医者なんてトンデモナイ! 普通がいい。普通の主婦が一番。女性はね、平凡が一番しあわせなものなんよ」と言って泣きました。
母は仕事を一生懸命していましたが、家事や育児は手抜きでした。できなかったのです。それが辛かったのでしょう。

わたしは迷いませんでした。
わたしの世代は、「女性も働いたほうがいい」と教育された一番最初の世代でした。
だからその影響は大きかったと思います。

でもそれをさし引いても、わたしは、どこか変わった女の子だったと今になって思います。

健康に生まれてきたんだもの。
こんなに丈夫なからだと頭を持って生まれてきたんだもの。
それを生かして生きていかなくて、どうするん。
自分を生かしながら人の役にたちたい。

誰もそんな風には考えない時代でした。
でもわたしは、なぜかわからないけど、自我が芽生えたころにはすでに
そんな風に考えていました。

受験間際でしたが、突然医学部を受けることにしたわたしは、ある国立大学の医学部を受験し、そこに通うことになりました。

田舎がきらい。
家を出て、広い世界に出ることは、わたしの夢でした。

わたし流しあわせの見つけ方

「心の疲れ」の測りかた

からだが疲れることは自覚できますが、こころの疲れというのはなかなか自分では
わからないものです。
心が疲れているときのサインはいくつかあります。
ちょっとした事で涙もろくなる、イライラしやすい、怒りっぽくなった、などです。

さて、一番わかりやすい心の疲れのサインは何でしょうか。それは朝起きた瞬間の気分なんです。
朝、目覚めときの気分の良し悪しです。

朝目覚めた瞬間というのは、まだ半分もうろうとしていますので、純粋に心の調子をあらわします。

元気があって楽しい予定があるときは、早くぱっちり目がさめるものですね。そういうことがずっと続く場合には、絶好調だと言えます。でも、張りきり過ぎだということも言えますので、そういう時こそ何事も慎重にね。

反対に、目覚めが悪くなかなか起きる気分になれない時には、心が疲れている時です。うつ病がかくれていることもあります。

働き盛りのサラリーマンや子供たちの心の健康を考えるときにも、これはとても役立ちます。心の状態はなかなか口で表せるものではありません。でも、あなたの家族が毎朝気分良く起き、朝ごはんを美味しく食べているなら、あなたの家族は精神的健康家族です。

朝目覚めたときの気分を大切にする習慣をぜひつけてください。

わたし流しあわせの見つけ方

こころの病気の予防法

NHKの「ためしてガッテン」で 乳がんの予防についてやっていました。
検診で見つかる人は2割、あとの8割は自分でしこりを見つけてやって来るのだ
そうです。

へーっと思いながら見ていました。

そして10人の女性に、乳房と同じつくり方をしたものに、しこりを5個かくして入れ、それをどれだけの確立で見つけることができるかのテストをやっていました。

5個とも見つけた人、2個しか見つけられなかった人。人によって様々です。

たくさん見つけた人と見つけられなかった人、その違いは何でしょうか。

答えを聞いて、あっ!と感じることがありました。

ふだん 月に一回でも二回でも乳房のしこりを自己検索しているかどうかの違いだったのです。

つまり ふだんの自分を知っていないと、たとえ しこりができても気づきにくいのです。

なんかすごい見つけ方のコツがあるのかと思って見ていた私は、とても意外に感じました。

こころの病気にもまったく同じことが言える。
そう思って感動したのでした。

有名人の方で、うつ病を告白している方が少なくありません。
そんな方たちと私の違い。
それは その方たちは弱くて 私は強い。

そうじゃないんです。

わたしは人の心をたえず診察しているので、同時に自分の心も鏡に映すように見えます。

だから こころの異変に気づきやすくて 早く手当てができるのです。

わたしほどではなくても、自分の心をチェックする習慣があるか、ないかの
違いが、心の病気になるかならないかの分かれ目だったのです。

ためしてガッテンでやっていた「乳がんの予防」は、こころの病気を予防するときにも同じことが言える。

具体的なこと、つまり、自分のこころを見ることができる方法については
また 少しづつお話しします。

わたし流しあわせの見つけ方

精神科医の教科書

精神科医の教科書は何だと思います?
フロイトですか? それともユングでしょうか?

答えはどちらも「ノー」です。
精神科医の教科書、それは<自分の心>です。

たとえば誰かの一言でおちこんだとします。
ふつうなら、落ち込んだ自分を嘆いたり、あるいは自分あるいは他人を責めたりします。

そうせずに、そこから学びはじめるのです。
あの人のどういう言葉に傷ついたのか、
なぜそれに自分は傷ついたのか、
それが自分のプライドと深くかかわったいたからなのか、
人間ってこんなにつまらないことで落ち込むものなのか・・・などなど。

他人のこころは見えません。
見えるのは自分のこころだけ。だからそれしか頼りがないのです。

自分の中におきてきた感情をまず認める。そしてその感情と他人との間に起きる気持ちの変化(精神力動といいます)をもとに学びます。
それを治療に応用し、その結果をまた自分にあてはめる。
その繰り返しです。

だから、わたしは毎日毎日忙しい。

自分の気持ちを、まずはそのまま認めてやる。その上で「患者のワタシ」の心を「精神科医のワタシ」が観察する。
これなら、あなたにも今日からできるでしょう。

これ名づけて「だれでも精神科医になれる法」です。

いかが?

わたし流しあわせの見つけ方

幸福の原風景

幸福の風景

脳に重い障害を持って生まれ、起き上がることも話すことも、自分で食べることさえ出来ないまま20歳を迎えた青年を受け持ったことがあります。

日曜日になると、お母さんが妹や弟を連れて面会に来られました。3人はベッドのそばに寄り添うようにして青年を囲み、一時間ほどの面会時間を、話しかけたり食べさせたりして帰っていかれるのです。妹も弟も、やさしいしぐさで兄の面倒を見ていました。そこは 重い精神遅滞の方や 精神遅滞は軽くても精神的に不安定であるために家庭で暮らすことのむつかしい方が主に暮らしていました。家族にみはなされたようなかたちで 面会に訪れる人さえいない方もいました。看護師さんたちはお世話に忙しく立ち働いていましたが、医師として治療的にしてあげれることの少ない方の病棟です。

その青年が、手足を動かすことも話すことも出来ず、笑い顔さえほとんどないまま寝ているそばで、お母さんは屈託なくしあわせそうに話しかけていました。まわりは弟や妹の明るい声や笑い声に包まれていました。それはしあわせのひとつのかたち、幸福の風景でした。

その病棟とは別に、わたしが当時、医師として主に受け持っていた病棟は 重い精神病の方の病棟でした。家族の誰かが重いこころの病のために入院すると家族の暮らしは一変します。「なぜこんな病気になったのか、不幸なことだ」と家族は嘆きます。暗く落ち込んだり苦しんだり、時には 病人と家族の間で修羅場がくりひろげられることもあります。心の病の場合、もともと普通の能力を持った方が病気のためにいろんな面で障害がおきてきます。病前には出来たいろいろなことが出来なくなり、本人も家族も苦しみます。人間は誰でもそうですが、「持っているもの」って持っていてあたり前になってしまうんですね。もともと持っていたものを何かの理由で失うほど辛く苦しいことはありません。
また からだの病気ははずかしくないけれど、こころの病気は 人に言えないはずかしいことという世間体もあります。

そういう環境にいたわたしが、たまの日曜日に訪れる病棟で垣間見た青年とその家族の風景。

存在しているという、ただそれだけでまわりをしあわせにするということがあり得る。
ただそばに寄り添うだけという、そういう愛情のかたちがある。

その風景は 今でもわたしにとって、しあわせの原点、愛情の原点です。

わたし流しあわせの見つけ方

働くということ その2

せっかく行きたかった高校に入学したのに、いろんな事情から不登校になっている少女がいます。
高校には行けないのに、週末にはアルバイトをしているということです。
それもけっこう長く続いていて、それなにり頼りにされているようなのです。

もちろんご両親は嘆きますよね。せめて高校だけは出てほしいと。

でも私の考えは違うのです。
どんな仕事でも、赤の他人の中に混じって働いて、お金を得て帰ってくるって、すごい能力だと思うんです。

学校生活で得られることはもちろん、とても大切なことばかり。

それでもなお、わたしはアルバイトをしているその少女を精一杯応援しています。

勉強のできる子供が、社会に出てからうまくいかなくなる確立って
けっこう高いものがあります。
でも、若い頃からからだをはって働くことをしてきた若者が、
社会でうまくいかなくなる確立って、ほとんどないんです。

そんなことみなさん、知ってます?
知らないの? それとも知りたくないの?

勉強はいくつになってもできますが、働く習慣は若いほどいい。
若くて、誰に注意されても「はいっ!」って聞けるすなおなこころを持っているときに。

もしあなたの子供が、学校に行きたくないといったら。
せめて高校だけは・・・などという姑息的な意見でごまかす前に。

いいよ。
じゃあ 働きなさい。

ぜひそう言ってあげてください。

若い人をたくさん診てきた私の、
今もっとも大切にしている考えのひとつです。

わたし流しあわせの見つけ方

働くということ その1

働くことが好きです。

汗水たらして働く、気合を入れて働く。そうやって働いている人を見ると、すてきだなと思います。

適当に働く、楽して裕福でいられる。そうやって一生を送ることがしあわせだという考えがあってもいいでしょう。でもわたしは、働くことが好き。一生懸命働いている人を見ることも、好きなのです。

そういう意味では、精神病にかかった患者さんの多くは働くことができません。
それはだめな人でしょうか。だめな一生でしょうか。

わたしは、そうは思いません。
健康ってたまたま恵まれたものだと思うのです。
たまたま健康に生まれた、たまたま能力があった、
たまたま普通の家庭に生まれた、たまたま働き者の夫に恵まれた。
あなただってそう。みーんな、たまたまです。

なのに精神を病んだ人を見て、わがままだとか、怠けているとか、弱いとか言う。「もっと心を強く持ちなさい」と励ましたりたりする。

「ゆっくり休むこと、病気を治すことも仕事よ」
そう、患者さんに言います。

病気を治すことも仕事です。

患者さんも、わたしたちも一生懸命働いているのです。

わたし流しあわせの見つけ方