小淵沢・桑の実・の野菜パン

小淵沢道の駅は、私の通勤道路です。

東京からわざわざ来る人の多い、人気観光地ですが。

私は毎日の野菜をここで買って帰ります。

6時で閉るのが玉にキズ。

評判のいい パン屋桑の実は通過するだけでした。

 

ところが先日、あまりにおなかが減って、半額になって残っていた

野菜パンを買いました。

食わず嫌いしていましたが、そのおいしさに驚き。

バターも牛乳も添加物一切なし。

 

今日は、売り切れる前に早々と買いに行ってきました。

たくさんの野菜パンが、もう残り少なくなっていました。

昼ご飯にしましたが、本当においしかったです。

野菜のボリュームもハンパではない。

 

田舎で暮らす醍醐味を今日は味わいました。

☆    ☆    ☆

今日の写真は、初めてスマホでぼかし入りの写真を撮ってみました。

一眼レフには及びませんが、スマホでも撮れるんですね。

正月も、終わり・・・

 

暮れ正月はあっという間に終わった。

いずれ休日がとれないのなら、「ふつうに暮らす」と決めた。

ふつうの食事をし、仕事に行き、プールにも行った。

暮れ正月もプールには三回も行った。

3日は休みだったので、掃除と整理の詰めをおこなった。

これでだいぶすっきりした暮らしに戻った。

 

昨年は忙しすぎて、家の中は乱れ放題。

料理もやっつけでしていた。

今日は冷蔵庫の整理を兼ね、久々に料理らしきものを丁寧に作った。

 

家をきれいにすると、猫ってきれいにしたところに必ず来るね。

わかっているのかな。

東京から友

東京から友来たる。

かねてから探索しておいたガレットの店に案内した。

フランス人がオーナーだが、彼女がフランス語で話しているので

驚いた。

もう80歳を過ぎる婦人であるが、世間知らずの私は驚くことばかり。

えっと。

ガレットには珈琲ではなくて、えっとえっと、りんごのサイダーみたいな酒。

それを注文した。

私はノンアルコールにしました。

そうそう。今調べました。

シードルというのですよ。

知っていましたか。

☆   ☆   ☆

今日は、スマホで撮った写真をスマホで編集した。

誰にも聞かず、自分の力でできた。

うれしい!

ガレットを食べに。

今月末、東京の知人から信州に来ると連絡があり。

ランチを食べに行くことになりました。

さて、どこに行こう。

ランチをしない私としては、まずは下調べに行くことに。

今日はピラティスの日だったので、先生にお声をかけたら、ふたつ返事だったので、うれしかったです。

ノリがいいと気持ちよく決まりますね。

それと、予定するよりもその時の気分で一瞬で決めるほうがお互いに負担がないですよね。

早速、蓼科ビリッジの、フランス人が作るガレットの店に行ってきました。

スーパーに行く感覚で、お洒落なレストランへ出かけられる当地。

ちょっとした気分転換になりました。

 

やっときんぴらごぼうを作りました。

ずっとずっとずっと忙しくしていました。

日曜日は、「ない」に等しい状態でした。

今日から、解放されました。

出版の本の原稿も届けました。

 

今日は3年半ぶりに、一日中家にいました。

夫から、そう言われて気づいたのです。

買ったまま、ほったらかしだった牛蒡をやっときんぴらにしました。

 

なんだか疲れていて。

昨日は病院から呼び出しもあったりして。

だらだらとしか過ごせませんでしたが。

一年半もほおっておいた スマホの設定をしたり。

料理らしきものもしたり、朝寝をしたり。

 

これからは何か好きなこともしたいし、だらけるのもいいかも。

いずれにしても、何かの予定は、習い事や趣味でさえ。

もう、いれたくない心境です。

つくづく疲れたなあ(精神的に)と思います。

 

いろいろあり過ぎて・・・・・ね。

職場が、ね。

責任感もほどほどにしないと。

 

夏野菜の天ぷら

台風一過の青空はなかったけれど、比較的涼しかった。

でもなんとなく身体がかったるく、何もする気がしない。

夏負けとか暑さバテではない。

つくづく、職場で疲れているのだ。

 

職場の体制が変わり、気を遣うことも多く、気苦労も多く、気持ちの

休まるときがない上に忙しい。

なぜ私はノイローゼにならないんだろう・・・と不思議なくらいだ。

 

イバラの道は当分つづきそうだ。

ここに書いたら、少しは悪い気分が抜けるかも、と思って書いた。

職場では言えないし、このブログは仕事関係の人は見ていないと思う。

 

夕食は夏野菜の天ぷらだけ。

 

 

オカリナ

青い空を眺めていたら、オカリナを吹きたくなった。

2年ぶりに手にとってみた。

ドレミ・・・さえ吹けない。

がっくりきた。

 

久々に先生に電話してみた。

「また始めようかな・・・・・・?」

先生は大歓迎だったが、考えてみると、やっぱり無理かな。

 

せめて、一曲だけ。

「北の国から」が好きなので一曲でもいいと思っている。

だけど、唯一の休日である日曜日をつぶすことはやっぱり

無理だろうか。

時期を見計らっている私である。

 

昔は100のうち、50くらいの力で仕事できた。

それがだんだん 70くらいになった。

今は、やや忙しくなっているとはいえ、90くらいの力を使わないと

仕事できない。

いやいや、95くらい使って、やっとできている。

 

ふつう以上に仕事できているのは、はたから見たら、すごいと思われる。

が、内実は、自分を犠牲にし、そこだけに時間を使っているに過ぎない。

 

京茄子を使ってマーボー茄子を作った、

クックドゥを使った。

このごろは一皿料理ですましている。

 

ガレットを食べに。

夫が水泳大会で遠征に。

夫のいない日曜日は年に一回あるかないか。

なので、羽を伸ばしました。

 

蓼科にガレットを食べに行きました。

たまたま友達が寄ったので、ご一緒しました。

ガレットの美味しい店を一軒、ゲットした感じです。

 

私は、昼は普通の定食のようなランチより、これくらい軽いもの

のほうが好きなんです。珈琲と一緒にね。

 

弁当は夫が自分で作っていった朝と昼用の端正な弁当です。

一年に一回、ゆっくりできる日曜日。

 

今年も、もうひとつのクレマチスが咲きだしました。

そば粉でガレット

隣に住む方が、蕎麦畑を持っています。

毎年、石臼で挽いた新鮮なそば粉をくださいます。

もう10年になるでしょうか。

 

でも、このそば粉、わが家では使うのに、四苦八苦。

貴重なものだとはわかっていても、そばを打つのは大変。

それでも夫が見よう見まねで、そばを打ち、残ったものは捨てたりすることも

あり、大変心苦しかったのです。

 

今日突然、ガレットを作ってみようと思いたちました。

ガレットはそば粉100%で作る洋風の料理です。

 

初めて作ったガレット。

とても美味しく出来ました。

これだったら そばを打つよりずっと簡単です。

毎週でも作れます。

 

夫は「好みじゃない。パリッと焼けてない」とか不満そうでしたが、

来ていた妹が後で内緒声で「とんでもない。とっても美味しくできていたよ。

ガレットってこれでいいのよ」と言ってくれました。

 

いい天気。

猫もベランダで兄弟仲良く、のんびり。