クレマチスの季節、一日スタバで。

クレマチスが咲き出しました。

原村の花、サマーチェリーも咲き、買ってきて天井からつるしました。

花のある暮らし、しています。

 

今日は一日スタバでした。

う~ん、家から離れ、落ち着いてやるべき仕事があったからです。

 

一世一代の大仕事です。

そうですね。40歳くらいのころ、一番苦しんでいたがんばっていた頃。

そのころを思い出しますね。

 

私は喧嘩も出来ず、かなりまわりの言いなりで。

ふだんとても穏やかな人ですけど・・・・

 

芯は相当強いと思います。

正義感にあふれ、やるといったらぜったいやる人です。

 

みんな私の本当の怖さを知らないと思います(笑)

本気で怒らせたらとても怖い人(笑・笑)

 

離婚した時も、そうですね、10年かかりましたけど。

ちゃんとやり遂げましたからね。

 

いえ、今回は離婚じゃないですよww

友人のためでも、自分のことと同じです。

家にはかわいい子供も二匹もいますからね。子どものためにもね。

東京へ

東京へ出張で行ってきました。

18年前、山梨に来たころ、夜の10時過ぎてもラーメンを食べに

渋谷の街に繰り出していました。

また、友達とホテルに泊まって、友達からパソコンのフォトショップを

習ったこともありました。

まだまだ元気だったのです。

☆    ☆    ☆

数年たったころから、冷えると不整脈が出たりして夜の街に繰り出すのは無理になりました。

8時までにホテルに帰る、と宣言しました。

☆    ☆    ☆

それからまた数年がたちました。

夜は出かけず、ホテルに隣接したサウナでゆっくりするくらいが

せいぜいとなりました。

☆    ☆    ☆

それからまた数年たった今。

夫が「乗せて行ってあげる」というと「電車でひとりで行く」と

言うようになりました。

夫の遊び心にはとてもついていけません。

今回も夫は乗り気でしたが、夫の故郷里帰りとぶつかってラッキー笑。

電車でひとりで行くほうがラクですよ。

一時間半で新宿ですもの。

☆    ☆    ☆

結婚生活も18年にもなると、ここまで嫌われるか!と夫は嘆きます。

でも、私は仕事、夫は遊び。

しかも遊びの塊のような人。

ついていけるわけがありません。

というわけで、今回は電車→ホテル直行→仕事→ホテル→電車

となりました。

疲れることは、ほぼなかったです。

 

2月には会議の後、ひとりで六本木蔦屋書店に行きました。

疲れはててダウンし、タクシーでほうほうのていでホテルに帰りました。

 

仕事と遊びを兼ねられる年齢ではないということですね。

それでも「東京へ行く?」と言われたら・・・・・・

まあ、行きたい気持ちはありますね。

アパホテル新宿歌舞伎町タワーに泊まりましたが。

新宿駅から見えるくらい近いのに、30分もうろうろしました。

さっさと行けるくらいにはなりたい。

でも買い物でうろつくのは、私にはもう無理ですね。

住んだら出来るかもしれません。

 

いつか・・・・・・・

一ケ月くらいホテルに泊まって遊ぶとか。

一年くらいアパートを借りて遊ぶとか、してみたいです。

 

そのころには「もう自然さえあれば、それが一番。買いたいものも

見たいものも、食べたいものもない」と言っているかもしれません。

でも、そう言っていない可能性に賭けたいと思います。

散歩

昨年の10月までは結構歩いていました。

10月にストレスから不整脈をおこし、用心してまったく歩かなくなって

しまいました。

7ケ月、歩いていませんよ、怖い!

 

今日はパソコン仕事があり。

①スタバに35分かけて車で行く。

②歩いて近くのカフェへ行く

③家で仕事する。

 

この3つで迷いました。

夫は「出かけるなんて時間の無駄」という。

「喫茶店みたな家に住んでるのに喫茶店に行くなんて金と時間の無駄」と。

そうかなあと思って家にいたところ・・・・・トンデモないです!

 

「昼ご飯だよね」

「珈琲タイムだよね」

「ちょっと来て! ここの汚れは一体何だよ!」

「猫のトイレ、汚れてるよ、たまの日曜くらいきれいにしてやって!」

そのたびに私は動きます。メイドかよーと悪態つきながら。

動かないと怒るんです、夫はすごいきれい好きなので、ごみ袋の〆方が

悪いと言っても呼ばれましたよ。

おっしゃる通り、私は脳なしですよ、きれい好きでもないしねっ。

でも何よ、これじゃあメイドだよ!!

 

決心して出かけました。近所のカフェに。

運動不足過ぎるので歩いて行きました。

とても気持ち良かったです。

でも坂の多い道なので、わずか10分なのにふうふういってました。

 

田舎の人は運動不足ですよね。どこでも車。

歩けなくなるよね、このままじゃあ。

 

たった二時間でも仕事はサクサクはかどりました。

これからも、わたし日曜日は出かけます。

長いGWでしたね。

10連休という長い休みでした。

私の場合は、当直2回、日直2回が入ったので、飛び飛びで6日間。

それでも普段に比べたらダントツに多く、とてもうれしかったです。

 

わざとお出かけはしませんでした。

唯一、近くの小淵沢リゾナーレに、一時間半ほど行ってきました。

たまには、ちょっとした都会っ子気分になりたいからです。

上は我が家の庭と、家の前の景色です。

桜が今頃、満開なんです。

☆    ☆    ☆

最後に、スタバでパソコンか? 家で掃除か?

迷った私は、整理と掃除をとりました。

やっぱり、こうやっておくと、これからの半年がラクですから。

 

上のふたつが、今日の写真。

下のふたつが、今年の正月に大掃除した時のもの。

この半年、ほぼキープしています。

 

徹底的にモノを減らす。

使ったものは、その手で元に戻す。

この繰り返しで、ほぼキープできます。

 

私の人生の中で、いつ突然お客さまが見えても上がっていただけるのは

今が初めてです。

オカリナ発表会でリフレッシュ

オカリナ発表会でした。

この2月から3年ぶりにオカリナを再開しました。

 

実は、仕事が今でもとても忙しいのです。

でも、仕事だけにかまけている人を見て、私は「そんなの嫌だ!」と

思えてきたのです。

どれだけ忙しくても、楽しみを捨てる必要はない。

それは、手軽で、簡単で、お金もかからず、自分で「好き」と思えることなら

なんでもいいのです。

私にとっては、それがオカリナ。

 

オカリナだけが特別に好き、とか思い入れがある、とか得意だとかはありません。

だけど、手軽で、お金がかからず、ひとりでできて、楽しい気持ちもある。

だから、まずオカリナから、と思えたのです。

 

今日は、とても楽しかったです。

みんなお行儀よく吹いているのに、私は足を広げ、体をくねらせ。

顔を鬼のようにゆがめて、全身全霊で吹いていました。

それは夫の撮ったビデオで見てびっくりしました。

恰好は悪いけど、心から楽しめる私の性格はOKです。

 

これからも、上達をねらわず、音を愉しむ、という感じで続けたいです。

☆    ☆    ☆

とても足の太い女性がいて、驚きました。

すごい、と思って見ていました。

ところが帰宅してから、夫の撮ったビデオを見て、自分の足がその方以上に

太くてどっしりしているのにとても驚きました。

またスカートなのに、パンツ歩きしている自分に驚きました。

たまにはスカートをはかないとだめだ、と思いました。

 

オカリナの再開?

ピアノとオカリナをすっかりやめて3年以上になる。

何ケ月前のこと、整理していたらオカリナが出てきたので吹いてみた。

まったくドレミさえだめだった。

懐かしくてオカリナの先生に電話して「再開しようかな」と話した。

それからまた一年近くたった。

 

昨年もあまりに忙しくて、趣味どころではなかった。

そして今年も忙しくなりそうだ。

そこで却って疑問を感じるようになった。

 

たしかに仕事は忙しく責任がある。充実していることも確かだ。

しかし・・・・・・仕事だけが私の人生のすべてではない。

もちろん、暮らしが大事だ。

そして楽しみも。

 

以前あんなに楽しくやっていた音楽を始めてもいいのじゃないか

やるべきではないかと思うようになった。

 

今日は先生のお宅に一時間のレッスンを受けに行った。

日曜日を利用すれば月二回くらいはいけるかもしれない。

 

家の中を大掃除して断捨離を決行したことがきっかけだ。

「家事、家事、家事、掃除、整理」と思わなくていいようになった。

ものを大整理して、あとは買わない、増やさない。

そうすれば時間にも心にも余裕が生まれるかもしれない。

 

もうすぐ本が出ます。

 

 

私の4冊目の本が出ます。

もうすぐ、多分12月半ばに出版予定です。

今までと違って、手直しもせず。

お金もいらず。

出版社が勝手に出してくれるのでラクですが。

それでも写真を選んだり、文章をみなおしたり。

忙しさの中では結構たいへんでした。

でももう最後の詰めです。

☆   ☆   ☆

 

今、読み直してみると、いいこと書いているなあと思います。

自分で言うのもなんですが、渾身の作です(笑)

二度と書けません。

多分、その時々の気持ちに忠実に苦労して言葉を絞り出したせいだと

思います。

 

やっときんぴらごぼうを作りました。

ずっとずっとずっと忙しくしていました。

日曜日は、「ない」に等しい状態でした。

今日から、解放されました。

出版の本の原稿も届けました。

 

今日は3年半ぶりに、一日中家にいました。

夫から、そう言われて気づいたのです。

買ったまま、ほったらかしだった牛蒡をやっときんぴらにしました。

 

なんだか疲れていて。

昨日は病院から呼び出しもあったりして。

だらだらとしか過ごせませんでしたが。

一年半もほおっておいた スマホの設定をしたり。

料理らしきものもしたり、朝寝をしたり。

 

これからは何か好きなこともしたいし、だらけるのもいいかも。

いずれにしても、何かの予定は、習い事や趣味でさえ。

もう、いれたくない心境です。

つくづく疲れたなあ(精神的に)と思います。

 

いろいろあり過ぎて・・・・・ね。

職場が、ね。

責任感もほどほどにしないと。

 

子どもとの距離感

世の中には、親も子もいない孤独な方もおられる。

しかし世の中の多くは、娘たち夫婦や孫とかなりべったりとくっついて

暮らしている。

いずれにしろ、いろんな家族がある、全部違う。

 

私の場合は、子育てだけはしっかり可愛がって育てていたが。

自分と親の距離は遠く。

自分と子供たちの距離も遠い。

 

愛がないわけではないが、子供たちは、年に一回か二年に一回来るだけだ。

今日、突然やってきた息子も、二年ぶり。

それもたった2時間の滞在だった。

 

愛はあると思っている。

でも、子どもは20歳まで育てたら十分だ。

あとは、別々に暮らし、距離感を持ちたいと思っている。

 

自分の心と向き合う時間のたっぷりある孤独な暮らしが好きである。

 

それにしても、二年ぶりに会う孫の背の高さにびっくり。

はにかんで「はい」「はい」と答えるだけだけど、かわいらしい。

こんな関係でも「愛」は「愛」である。

 

「自立、自立、とうるさいんだよ! いろんなケースがあるだろう」と

わたしに噛みついてくるオジサンやオバサンがとても多い。

それだけ親ばなれしていない子供が多いということだ。

だけど私自身は人間の心や経済の自立をとても重んじている。

 

世の中はこれからもどんどん悪くなるだろう。

政治のせいだけにしてはいけない。

 

 

自然文化園のデリ&カフェ

長らくダサいレストランでしかなかった文化園のレストランが。

素敵なカフェに変身していてびっくりした。

 

ここは冬の営業で人が来ないので、今までいくつものレストランが閉鎖した。

今年のリニューアル・カフェは、Uターンの若者がオーナー。

本がたくさん置いてあり、ソファあり、カウンターあり、子供コーナーあり。

なんせ村の建物だから広々としている。

気合いの感じられるいい雰囲気。

レストランで食事をしない主義の私にとっては、食べ物はどうでもよい。

居心地のいいカフェであってくれさえしたらいい。

 

読書も、パソコンも、日記書きも、考え事もすべてカフェで。

雑念の出ないこんな場所、サイコー。