やっと体調がもどってきた、明日から9月

旅行に行くと、その日の朝から便が止まってしまいます。

日常生活から少しでも離れると、体調が悪くなるんです。

今月は家から10日も離れていましたので、それでうんと体調を

壊していました。

それからも料理をしなかったので体調は戻りません。

つまり、旅行に出る前は冷蔵庫をカラにするので食材を買えない。

帰ってからは、冷蔵庫に食材がそろっていない。

というわけで、ながらく食生活が悪かったからです。

食生活の大切さはわかっているつもりでしたが、ここまで影響するとは!!

3日前からやっと快眠、快便になった次第。

前はやっつけ仕事で、寝る前に朝のサラダの準備などをしていましたが、今は丁寧に心をこめて準備するようになりました。

もう10時過ぎですけど、このブログを書いたあと、キッチンに立ちます。

サラダといっても生野菜ばかりだと身体が冷えるので、できるだけ茹で野菜を入れることにしています。

夫から「朝っぱらから、こんなに食えん」と言われ「あ、作り過ぎた、ごめん」と言いながら、やっぱり作り過ぎているワタシ。

気合いのはいり過ぎは長続きしないからだめですね。

 

いつまでも春

初めて今の住まいに来た時に、好きだった小菊のような花を植えました。

長く長く咲いてくれて、4月から9月まで、なんと半年咲いていたのです。

耐寒性がなかったのか、その花も今は絶えてしまいました。

 

でもこのあたりは、4月から9月まで、夏がなく、春、春、春、という気候なんです。

この都忘れも、もう何ケ月も生き生きと咲いています。

花ってもっとはかないものだと思っていましたが・・・・・

大切なひと

こないだから本当に久しぶりに&珍しく。

心が沈んでいました。

こんなにうっとうしく、重く、気分の悪い状態は本当に久しぶりでした。

遠くに住む2~3の親友に突然助けを求める電話をしましたが、誰も助けてくれません(助けようがないくらい、理由がささいなことだったんです)

こんなにささいなことで、人は落ち込むんだと思いました。

でも結局、悩みって人間関係です。

本当に大事な人のことで悩むのならわかりますが、全然あまり関係のない人のことでかえって気になったり気分が沈んだりしますから不思議だと思いました。

「曖昧な喪失」という連載記事を書きましたが、まさに曖昧でささいなことのほうで気分が沈むことが多いです。

今朝。

突然、滋賀に住むお嫁さんの「大丈夫ですか」メールで朝早く起こされました。

ミサイルのことで心配してくれたのでしょう。

子供たちは遠くに住み、お嫁さんと話すこともメールをもらうこともほぼ、まったくといっていいほどありません。

でも、こんな時、心配してくれたことに有り難いと思いました。

つまらない他人のささいなことで悩むのではなく、こうやって数年に一度でもメールで心配してくれるお嫁さんのことに感謝して暮らしていかなくてどーするの、と思いました。

今日あたりから気分は挽回しています、良かったです(^^)/

人間関係のるつぼにいるので、いろんなことがあります。

私はとても弱いけど、でも結局は強い人なので、乗り切れると思います。

大切なことや、大切なひとをあたり前に思わず、本当に大事にして暮らしていかないとだめだな、と思いました。

戦いは勝ち

 

今日の夫のお手並み拝見ということで楽しみに帰宅しました。

パーフェクトにあたたかい料理が出せるようになっていました。

肝心のお味、自分でほめちぎっていました。

私も美味しいと思いましたし、豆腐などあるものを上手に使っていて、ゴーヤチャンプルー風。味もいいと思いました。

 

洗い物をしながらふと見ると、クックパッドを印刷したものが

置いてありました。印刷してそれを見ながら作るようですね。

 

でも、この戦いは私の勝ち。

 

だって、私が「ハンバーグ作っておいて」「お好み焼き作って

おいて」「大根の煮物をお願いね」

 

何をお願いしても「作れない」とは言えない状況を作っているのは夫。だってクックパッドに書いてない料理なんてないはず。

 

ここまで自慢するのですから、私の希望の料理をつぎつぎと作ってもらいます。

もう「出来ない」とは言えないわけですからね。

主婦歴何十年の妻に正々堂々と戦いを挑むなんてバカですよ。

立ててくれればこちらの気分もいいのにね。

 

でもそれをさし引いても、男性が料理を作れるようになることは

いいことですね。そういう風にもって行った私の作戦勝ちだったかな?

 

原村朝市と野菜

 

日曜日だったので、原村朝市にゆっくり出かけてみました。

何年ぶりだろう。

夏野菜の最盛期のせいか、店の人も金勘定がわからないくらい繁盛していました。人でいっぱいでした。

夏野菜を少し買って、朝食を作りました。

冷蔵庫は野菜でいっぱい。

患者さまのご家族からもいただいたりするので。

じゃがいも、かぼちゃ、モロッコいんげん、トマト、茄子、きゅうり、レタス、白菜、とうもろこし、ミョウガ がたくさんあります。

そこで、下の料理にしましたが・・・・・・

夫の不評を買いました。

味付けも料理の内容も悪いそうです。

でもね。。。。。女性は、できるだけたくさんのある野菜を使いたいと思いますからねえ・・・・・

「じゃあ明日は、まったく同じ野菜で、ご自慢の料理を作ってちょうだい」ときつ~く宣言しました。

 

クックパッドがあるからなあ。大きな図書館を持っているのと同じだよ、あっ、あったあった、とかなんとか言いながら検索をかけています。

あんまりケチつけるので、内心は腹がたちましたが、う~ん、喧嘩するのもあほらしいし、ほおおっておきます(再婚なので、夫の舌が私の料理に慣れておらず、最初から文句つけられてます)

 

そのかわり、明日の夫の料理もしっかりアップしますからね。

 

 

続・定休日

 

仕事行く前に少し散歩した。

どこにでも咲いているのが、アナベルと都忘れ。

わが家のカサブランカもとうとう咲いた。

 

都忘れを、裏から撮ってみた。

 

今日もこのブログ、定休日、みたいなもの。

インターネットとの距離感がとれずにいる。

ブログってむづかしいですね。

 

ブログを再開して3ケ月あまりとなりました。

3ケ月は続けてみようと思っていました。

 

ブログってむづかしいですね。

 

15年前に始めましたが、夫の娘とのやりとりを書いたところ、

そして継母の立場のむづかしさを少し入れたところ。

「ももさん(当時のハンドルネーム)ち、大変ね」とあっという間に@大変な親子関係、というのが広まり、びっくりしました。

「体調不良で」と一言書けば、その日がそういう気分だったから書いただけなのに「このごろ調子が悪いらしい」と言われてしまいます。

そういえば、息子からブログの内容で文句の電話がはいり、ショックのあまり、その夜から一年間、閉鎖したこともあったっけ。ブログは家族が見るものではありませんね。

とにかく、平凡に、食べ物の話、庭の話、お花の話、猫の話、買い物の話、お出かけの話・・・・・そういう他愛もないことにかぎるのが鉄則のように感じました。

 

しかし、今の私の場合、料理は簡単、花は植えていない、庭は手入れしない、お出かけはする時間がない、猫は可愛いけど猫の話だけでは自分が書きたくない・・・・・などなどで、ついつい体調や気分や気合いを入れている運動の話などを書いてしまいます。

 

「書きたい日だけ書けば?」という提案もいただいています。

 

でも「書きたい日」っていうとやっぱりお出かけした、美味しいものを食べた、ということになってしまい、そうそうそんな日はありません。

 

というわけで、私のブログって、励みにしたり楽しみにしたりしてくださる方もいるのかもしれないけれど、あまり意味ないかもと思う今日でした。

「コメントを入れるようにしたら」という提案もいただきましたが、最初のころコメントつきにしましたところ、どんな内容でも意見が反対という方は必ずおられるもので、けっこうきついコメントもあり、即閉鎖にした次第。だって議論するために書いているわけではありませんから。

 

でも私は写真を撮ったり載せたりするのはすごく好きだなあと思います。無理に言葉を入れようとするからむづかしいのかもね。

 

インスタは続いています。

インスタは、言葉を入れてもいい、詩を書いてもいい、何も書かなくてもいい。

コメントも写真に関することだけ。コメントもけっこう楽しいです。

インスタって軽くみていたけれども、けっこういいと思います。

 

個人のHPはいずれすたる、と予測していたらすたりました。

個人のブログも、それで商売しようとしないかぎり、どんどん流行っていくものではないと予測します。

フェイスブックもこれ以上、流行らないでしょう。

インスタは増えると思います。

そのつぎには何が来るのでしょうね。

ツイッターは私はまったく興味がないんですよ。

 

以上、ブログを再開して3ケ月の感想でした。

当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが、案外わたしの予測は当たるのですよ。

さてこれからどうしましょう・・・・・・

 

原村朝市

住まいのある原村には7月から9月まで朝市がある。

昨年は、毎朝のように仕事に行く前に、珈琲を飲むのが日課だった。そのために朝早く起きる。

 

ところが今年は、やりたいことが多すぎて体調不良が続き、どうしても朝早く、起きることが出来なかった。

 

朝市は通勤途上だが、寄ったのは、なんと今年になって今日初めてだった。

たまたまお顔だけ知っているご夫婦が来てらして、初めて話をする機会を得た。話がはずんだが、それでも30分ほどをそこで過ごして職場に行った。

通勤距離が遠いので、それなりにけっこういろんな愉しみを見つけることができる。

通勤距離の短い人は「楽だけど、気持ちの切り替えができない」とぼやいている。

 

片道45分の通勤をする、私の通勤の愉しみ方。

 

音楽を聴く、道の駅で野菜を買う。高速PAで体操をする。

写真を撮る。ちょっと散歩をする。途中で車を止めてスマホを見るなどなどである。

さすがに喫茶店に入るほどの時間的余裕はない。

 

それでも結構の気分転換になっていると思う。

われもこう

 

われもこう は大好きな秋の花だ。

 

散歩をしないので、もうその季節がきていることに気づかなかった。

 

今日の帰り、家の近所で車を降りて、写真を撮っていたら。

その家の奥さんが、よく知らない方なのに「お入りになってよ」と誘ってくださった。

夕方なので時間を気にしながら珈琲をいただいた。

 

そしてテーブルに、なんとわれもこうの花が活けてあったり。

白い瓶に入れて保存されていた。

 

保存液は油らしいが、透明なガラス瓶にわれもこうが映えて美しい。

「活けた花のほうがきれいでしょう?」とその方はおっしゃるが、私はずっと見ていられる瓶のほうに興味を持った。

わが家では、ドライフラワーにするが、瓶に入れて保存して眺めるのもお洒落だ。

素敵なおうちだった。