誕生日の一日

昨日の夜、夫に「明日は私の誕生日よ」と言いました。

「たまにはランチに行こうよ。くらすわに行ってみたいわ」と言いました。

夫はあまり気乗りはしていないようでした。

 

さて朝。朝ごはんを食べた後「あそこはとても混むので11時出発よ」と

言いますと「おなかすかないなあ」と気乗りしない様子。

この日はピラティスの先生が来る日でしたが、ピラティスをやりながら

心がもやもやとしていました。

 

数年以上に一度の日曜日が誕生日なのに、私の希望に添わないわけ?と少々腹を

立てていました。

 

さて、ピラティスが終わったので、「行くよ」というと「うーん。人の多い場所には行きたくないな」「ラーメンはどうだ」と言います。

怒りを抑えながら「ラーメンは食べたくない」と言いますと。

「それなら近所のお蕎麦屋さんはどうだ」と言います。

 

「お蕎麦なんか食べたくない、あなた、そんなに我をはらなけりゃいけないの? それに映画も見たいの。ランチして家に帰り、私だけ映画に行くから」

と言いますと「家に帰ってからじゃあ疲れるぞ」とかなんとかとにかく

行きたくない様子。

「いい。ひとりで行く。恨みつつ、ひとりで行く」と言いますと。

「待って! ランチ行く。恨まれちゃあかなわんから」と手を変えてきました・・・

でも、私の心は決まっていたので、さっさと出かけてきました、ひとりで。

 

本当はね。

暖かい日だし。日向ぼっこしながら猫と遊ぶ一日が素敵だって知ってるの。

夫がわざわざ快適な家から出たくない気持ちはわかる。

私だって、家にいるのも悪くない。

だけど、これだけ行きたい気持ちもあるっていうんだから、つきあったって

いいじゃあない。

 

私は実に芯が強く、行動的で、愚痴を言ったり、相手の嫌がることをさせる人ではない。

ほんとに 普通の男より男らしいのだ。

嫌味、愚痴、いっさい無し!!

 

こんな感じになったら、ぜったい意地でも、ひとりで行く。

 

ランチがとてもおいしかったので大満足。

「くらすわ」の一回のテーブルで時間をつぶしてから岡谷スカラ座に行きます。

今年度アカデミー賞をとった秀作です。

夕食はコンビニ弁当を買って帰ります。

たまには いいぜぇー

雪やら快晴やら・・・・・

このごろ、雪が降ったり、快晴になったり起きてみないと

わからない天気。

でも日一日と春が近づいている気配。

うれしいです。

 

今日は当直だったので、きわめて落ち着かない一日。

なんだかせっかくの休日なのに、朝からそわそわして。

休日の当直だけは御免だという気分です。

 

白樺のテーブル

 

暖かい一日でした。

ベランダで珈琲を飲める暖かさです。

 

隣にある村の林で樹を切る音が響きます。

 

突然夫が、「あの白樺、貰ってきて」と言います。

「嫌よ、なぜ私が?」と答えたものの・・・・・

「珈琲カップを置いたり、座ったりできて素敵だよ」と言います。

とつぜん、私の欲の皮がつっぱってきました。

たしかに・・・・・・!

 

見栄っ張りの夫は行きたくないというので。

ひとりで車に乗せてもらってきたんですが・・・・・

その重いこと、重いこと・・・・水を含んでいるので、身動きできない

くらい重い。

 

でも、欲ってすごいですね。

火事場の馬鹿力を出して、5本も運びました。

重さのために後で、体調を壊すほどでした。

でも昔から、力だけはあったなあと思い出しました。

 

乾くと半分くらいの重さになるそうです。

もう二度と持ちたくないくらい重かったです。欲ってすごいね。