クレマチスの季節、一日スタバで。

クレマチスが咲き出しました。

原村の花、サマーチェリーも咲き、買ってきて天井からつるしました。

花のある暮らし、しています。

 

今日は一日スタバでした。

う~ん、家から離れ、落ち着いてやるべき仕事があったからです。

 

一世一代の大仕事です。

そうですね。40歳くらいのころ、一番苦しんでいたがんばっていた頃。

そのころを思い出しますね。

 

私は喧嘩も出来ず、かなりまわりの言いなりで。

ふだんとても穏やかな人ですけど・・・・

 

芯は相当強いと思います。

正義感にあふれ、やるといったらぜったいやる人です。

 

みんな私の本当の怖さを知らないと思います(笑)

本気で怒らせたらとても怖い人(笑・笑)

 

離婚した時も、そうですね、10年かかりましたけど。

ちゃんとやり遂げましたからね。

 

いえ、今回は離婚じゃないですよww

友人のためでも、自分のことと同じです。

家にはかわいい子供も二匹もいますからね。子どものためにもね。

東京へ

東京へ出張で行ってきました。

18年前、山梨に来たころ、夜の10時過ぎてもラーメンを食べに

渋谷の街に繰り出していました。

また、友達とホテルに泊まって、友達からパソコンのフォトショップを

習ったこともありました。

まだまだ元気だったのです。

☆    ☆    ☆

数年たったころから、冷えると不整脈が出たりして夜の街に繰り出すのは無理になりました。

8時までにホテルに帰る、と宣言しました。

☆    ☆    ☆

それからまた数年がたちました。

夜は出かけず、ホテルに隣接したサウナでゆっくりするくらいが

せいぜいとなりました。

☆    ☆    ☆

それからまた数年たった今。

夫が「乗せて行ってあげる」というと「電車でひとりで行く」と

言うようになりました。

夫の遊び心にはとてもついていけません。

今回も夫は乗り気でしたが、夫の故郷里帰りとぶつかってラッキー笑。

電車でひとりで行くほうがラクですよ。

一時間半で新宿ですもの。

☆    ☆    ☆

結婚生活も18年にもなると、ここまで嫌われるか!と夫は嘆きます。

でも、私は仕事、夫は遊び。

しかも遊びの塊のような人。

ついていけるわけがありません。

というわけで、今回は電車→ホテル直行→仕事→ホテル→電車

となりました。

疲れることは、ほぼなかったです。

 

2月には会議の後、ひとりで六本木蔦屋書店に行きました。

疲れはててダウンし、タクシーでほうほうのていでホテルに帰りました。

 

仕事と遊びを兼ねられる年齢ではないということですね。

それでも「東京へ行く?」と言われたら・・・・・・

まあ、行きたい気持ちはありますね。

アパホテル新宿歌舞伎町タワーに泊まりましたが。

新宿駅から見えるくらい近いのに、30分もうろうろしました。

さっさと行けるくらいにはなりたい。

でも買い物でうろつくのは、私にはもう無理ですね。

住んだら出来るかもしれません。

 

いつか・・・・・・・

一ケ月くらいホテルに泊まって遊ぶとか。

一年くらいアパートを借りて遊ぶとか、してみたいです。

 

そのころには「もう自然さえあれば、それが一番。買いたいものも

見たいものも、食べたいものもない」と言っているかもしれません。

でも、そう言っていない可能性に賭けたいと思います。

それしかないわけないでしょう

医者がひとりやめて、苦しいことばかり。

でもパートの先生の中にとても素敵な白髪の老紳士がおられる。

こないだ、二歳半の孫が絵本を読んでいたので、何気なく聞いていたら。

最初、寝転んで聞いていたんだけど。

そのうち、僕、正座しちゃっていたの。

題名がおもしろいの。ぜひ読んでみて。

(思わず正座してたというのも、その先生の人格が出ていて

微笑ましかったです)

 

早速買いました。

本当にいい絵本で、おとなの私がはげまされました。

 

それしかないわけないでしょう?

たとえがとってもおもしろくユーモアがあるんです。

 

実際、医者がひとりいなくなったら本当に困ることばかり。

でもそれしかないわけじゃなかったんです。

そんな素敵な先生との出会いもそのひとつ。

また、ぜったい来てくれるなんて想像さえつかないほど素晴らしい先生が。

来てくれるとはかぎらないけれど、その可能性だってゼロではないんです。

実際、つぎつぎと不思議な現象が起きるんです。

 

病気したら悲しい、困る。

お金がなかったら困る、悲しい。

意地悪な人からいじめられる人生なんて嫌だ。

 

でも違うんです。

いじわるな人の存在なんか忘れるほどの恋愛の相手が突然

あらわれたりするんです、それが人生。

 

本当に元気づけられました。

 

私、買うなあ、ぜったい。 ヨシタケさんの他の絵本も。