白樺のテーブル

 

暖かい一日でした。

ベランダで珈琲を飲める暖かさです。

 

隣にある村の林で樹を切る音が響きます。

 

突然夫が、「あの白樺、貰ってきて」と言います。

「嫌よ、なぜ私が?」と答えたものの・・・・・

「珈琲カップを置いたり、座ったりできて素敵だよ」と言います。

とつぜん、私の欲の皮がつっぱってきました。

たしかに・・・・・・!

 

見栄っ張りの夫は行きたくないというので。

ひとりで車に乗せてもらってきたんですが・・・・・

その重いこと、重いこと・・・・水を含んでいるので、身動きできない

くらい重い。

 

でも、欲ってすごいですね。

火事場の馬鹿力を出して、5本も運びました。

重さのために後で、体調を壊すほどでした。

でも昔から、力だけはあったなあと思い出しました。

 

乾くと半分くらいの重さになるそうです。

もう二度と持ちたくないくらい重かったです。欲ってすごいね。