日曜日

待ちに待った日曜日。

家事がわんさと待っている。

何せ、一週間分の家事。

男の人には絶対わからない、この忙しさ。

 

夫が「お隣りさんとお茶する約束したままになってるから、電話する」と言う。

えっ? 2時間もとられて、どうすんのと思う。

けれど黙って従う。だって、夫のはわかるはずのない忙しさだから。

 

電話してもしてもお留守らしい。

一日中、家事にまい進した。

 

先日、ペンションで習った料理を作ってみた。

スっキーニや茄子やインゲンを素揚げして、たれでからめる。

たれは、大根と玉ねぎとめんつゆをミキサーにかける。

 

私はすごく美味しいと思ったが、夫は「僕の口に合わない」という。

保守的なんだから!!

 

「保守的ねえ、新しいものはなんでも嫌なんだから」と言ってやった。

でも認めない。

原稿書きは終わったが、やってなかった家事が山のように

たまっていただけだった。

 

レモンはふたりの会話を聞いている。

夫婦ふたり。別々に猫に話しかける。

ひとり言を言っては「なっ、レモン!」と猫に同意を求める。

夫婦の平和を猫たちがとりもってくれている、と思う。