友達とは何か。

甲府に50年近く住まわれている幼なじみの女性が、出版祝いの会を

開いてくださった。

50年もの長きにわたって根をはり、教授として活躍されていた方なので、

おつきあいも多いだろう。

逆に「私は、結局、山梨に友達はできなかった」とあいさつの時に言った。

そうしたら、出席していた素敵な年配の男性が「自分でよかったら友達になりましょう」と言ってくださった。

その時には軽く受け流していて、本気に思えなかった。

しかし、帰る頃には「友達ってなんだろう」「友達になれるかどうかは自分たち次第じゃないか」と思うようになった。

☆    ☆    ☆

そんなことを考えるきっかけは、先日読んだ、何かの身の上相談の記事だ。

若い女の子の「友達が出来ない」という相談に、小説家の方が答えていた。

彼は言う。

友達は、いないよりいたほうがいい。

しかし無理に友達を作るのと、孤独に耐えることと比べたら、どうだろう。

友達を無理に作ろうとするより、孤独に耐えるほうがいい場合もある。

 

そもそも友達って何だろう、とその小説家は言う。

自分は、友達とは「お互いにおみやげを与えあえる人同士だ」と思う。

自分も相手に、おみやげをあげられる人間でいなくてはいけない。

友達からももらうべきだ。

それは、ギブ & テイク というのとは違う。損得勘定でもない。

 

そんなことが書かれていた、と思う。

それを読んでから、「友達って何だろう」と考えるようになった。

おみやげって何だろうと思うようになった。

おみやげって相手を思いやる気持ちではないかと私は考える。

 

たとえば、私にもともだちはいるが、関係が一方的になってしまったら

それはもう友達ではない。

一方的とは相手を思いやる気持ちやちょっとした努力が失せた時だ。

電話をする、手紙を書く、メールやラインを入れる。そうやって相手が元気か?

近況はどうか?など気遣う必要が互いにある関係だということだ。

 

友達のことを気にかけて、声がけするには努力が必要だ。

だって、夫や親や子と違って、いなくてもすむものだし、ギブ&テイクもない。

ほおっておけばほおっておける。

そこを努力してお声がけし、相手を思いやること。相手が病気していないか。

困っていないか、たずねていること。

それをお互いにやれる関係が、友達関係を作り深めていく。

一方的になっていたら、私はもう、それは友達ではないと思っている。

というか、どの人と、そんな努力のいる関係を作っていきたいと思っているか。

それをしっかり自問自答すべきではないだろうか。

☆     ☆     ☆

私にもたくさんの友達がいたが、遠くに離れるに従い、少なくなった。

疎遠になる一方だ。

そんな中で、ひとりの女性を思い浮かべる。

彼女は、私より10歳以上年上だ。

そもそも、私が夫と知り合う前に、夫が建てた建売の家を買ったご夫婦だった。

20数年も前のことだ。

それ以来、夫の前妻や子たち家族を別荘に招待したりされていたらしい。

私が再婚した時にも、結婚祝いに当時珍しかったデジカメをお祝いにいただいた。

お金のある方だったので、私がその方にものをあげることはなかったが、たまに

お電話したり、近況をたずねたりしていた。

再婚して新築した私たちに、珈琲カップをくださった。

ありがたく頂戴し、今も使っている。

あいかわらず、ものをあげることはなかったが、私は近況をおたずねしたり。

家に来ていただいたりした。

 

そのうち、ご主人が亡くなり、子供のいない彼女は、甥や姪たちを頼りにしていた。

私も寂しいだろうと、お声がけだけは絶やさなかった。

今もラインで、近況を教えたり、たずねたりする。

先日は、甥の家に来たついでに私の自宅に来ていただいた。

 

子どものいない彼女は、甥や姪や友達をことのほか大事にする。

私もさびしいだろうと、折にふれ、お声がけだけはする。

 

彼女と私は、何の関係もない人間同士だった。

夫が建てて売った別荘を昔、買った、というだけの関係だ。

その後に再婚した私など、本当にうすいうすい関係である。

しかし、お互いに相手を思いやって、お互いにお声がけしているうちに

温かい関係ができている。

フェイスブックの力は大きい。居ながらにして、相手の近況や考え方がわかる。

しかしそれだけでは関係は続くものではない。

お互いに対する尊敬と愛着と思いやり。

 

先日、東京に行ったときラインで知らせた。

「寄る時間はないよね。でも食事くらいなら出来るね」と返事がきた。

「きっといつか。きっといつかね」と書かれていた。

人生なんていつ終わるかしれない。

私はジーンときて「きっといつかね」と返事を出した。

私は忙しい。東京に行っても人に会う時間はない。

でもたまには、無理してでも、食事をしようと思えた。

東京に行くと、食事をする人がもうひとりおられる。

忙しいので、もう何年も食事しないが、信州に来られると会うことはある。

やっぱりそれも互いの努力がないと、出来ないことだ。

 

ともだち。

それは互いが思いやって作り上げていくもの。

一方的になっている場合には、もう友達ではない。

声をかけられたら、自分からも声をかける。

来てくださったら、自分からも出かける。

電話をくださったら、電話嫌いの私でも何らかの反応をする。

そんな関係をつないで、これからはちゃんとした友達関係を築いていきたい。

 

友達はいなくても、全然さびしくない。

でも、いたほうが心があたたかくなることは間違いない。

これからは、どの方とどんな関係を作りあげていくか、しっかり考えたいと思った。