ピアノがお好き?

piano

今日はピアノのレッスン日。

夜はプールにも行きますので、ピアノの復習までしようとすると

とてもレモンと遊ぶ暇はまったくとれません。

休日以外、本当に忙しくて、レモンと遊ぶ暇がほとんどない私です。

ところが!

今夜、ピアノのレッスンをしていましたら、いつのまにか

レモンがピアノのそばにきて、じっと聴いていました。

こんな情景は一度や二度ではありません。

わが家に来てからずっと聴いていますので

ピアノの音色が本当に好きなんだなあと思います。

お母さんがレッスンを必死に熱心にやっている姿から

レモンも何かを感じとっているように思います。

猫といえど、馬鹿に出来ないいろんな面を見せてくれます。

夫から言わせると「動物的」という言葉があるように

動物のほうが、本能が退化していなくて、人間より賢い面があると

言うのです。

人間の子供(夫の2人の子供たち)は、生まれたときから夫のピアノを

聴いていたにもかかわらず、親がレッスンをしていても無関心でした。

親の情熱にも、それが当たり前だったので無関心だったように思います。

猫のほうが、そういうものを純粋に感じとる力があるのかもしれません。