継続こそ力なり

baieru

6年前に、バイエル80番で、突然むづかしいと感じ、ギブアップしてしまった。

それ以来、「わたしにはピアノは無理」と決めつけ、ピアノにふれることが

ほとんどまったくない数年を過ごした。

最近再開して、最初からやりなおしたバイエルが、6年前の「80番」まで

やっときた。

今回は難なくやり過ごせそうである。

しかし、この6年のブランクがなかったら、当然もっと進んでいただろう。

        ☆       ☆       ☆

一方、プールのほうは、夫が行くのでしぶしぶ連れられて行った。

もともと運動はきらいだ。

休みたくて仕方がなかったが、夜ひとりで残されるのが嫌だった。

ただただ20分ほど歩くだけのプール通いを週3~4回、8年も続けた。

上達しなければいけないことではないから、無心に続いた。

ところが、今日始めて 500メートルを いっきに泳いだ、泳げた。

習ってはいなかったが、ずっと教室で習っている人を見ながら歩いていた。

イメージ トレーニングができて、少しづつ泳げるようになっていた。

けれど この1~2年、いきなり本当に泳げるようになった。

習ってもいなく歩いていただけで 500メートルも続けて泳げたなんて奇跡的だ。

心臓が悪くなかったら、もっと泳げたと思う。

            ☆       ☆      ☆

上達ばかりにこだわったピアノはだめになり、無心にやっていたプール歩きで

泳げるようにまでなった。

継続、その一語あるのみの結果の違いだ。

下手なピアノを子守唄にして、レモンが寝ている。

わたしがピアノを弾くと寝る。 寝る意味はわかる。

夫が弾くと妙に鳴くらしい。

鳴く意味がわたしたちにはわからない。

レモンを見ていると「何もあくせくすることはないさ」と思えるところがいい。

neteru