わたし、出会ったかもしれない・・・・・

ピアノを習い始めて、8年が経過したことは、以前に話した。

8年の間に3回挫折して、今4回目。つい一ケ月ほど前から初級の初級を4度(たび)始めた。

8年のうち、ピアノを弾いた期間は、ほんの2年半くらいだ。

だから休んでいた期間のほうが多い。

子供だったら無心でできる。

おとなであるが故に迷いが生じ、飽きが生じて、ういういしい気持ちになれないでいた。

また暮らしにも変化があり、いつもピアノを弾く時間があるとはかぎらなかった。

8年の間に、習った先生の数が9人。

出会いを求め続けることだけはやめていなかった。好奇心があり、行動的なのだ。

最近、とうとう出会ったかもしれない。

「習っていて楽しい、すばらしい」と思える先生に。

連れ合いをさがすのでもいい、主治医を求めるのでもいい。友達でもそうだ。

相性ってあると思う。

相性のあう関係を求め続けることに貪欲である私。

しあわせを求める力が誰よりも強い私。

そんな自分が好きだ、と 言いきる私を、夫は「ノーテンキ過ぎてしあわせだ」と言う。

私の自己肯定感の強さは、幼児の時からの生い立ちに関係していると思っている。

育てられ方って大事だとつくづく思う。