40年以上前の恩人

わたしこと、25歳から33歳まで弘前で暮らしていました。

4歳を頭に4人の子供がいました。

そしてフルタイムで働いていたんです。

 

たまたまお隣りに、同じ精神科医の先生がお住まいでした。

わが家はほとんど母子家庭状態で、見るにみかねた彼女は。

自分の子供3人と私の子供4人を乗せて、毎朝、職場まで送ってくださったのです。

そのご恩は忘れることはありませんでした。

 

一昨年、船の旅で青森に寄ったとき、40年ぶりにお会いしました。

そしてそれから2~3年後のこないだ、GWを利用して諏訪に旅行に来られた

彼女からお電話をいただきました。

夜おそかったのですが、下諏訪の宿まで会いに行きました。

 

小児・思春期精神科の専門医として55年。

80歳を越えたとおっしゃっていますが、いまだ週5日のフルタイム。

青森の精神医療に大きな貢献をされています。

 

わずか2時間でしたが、教わることがいっぱいありました。

55年の臨床歴は、やっぱりももすごいものがあると感じました。

私はまだ50年にはなりませんので、彼女から見れば ヒヨッコだと思った。

 

でも彼女が言うには、私は30歳前後ですでにかなりユニークな、ふつうの

精神科医とは違った印象だったそうです。(自分ではわからないんです)

仕事の話はしなかった、ただただ送ってもらっていたのですが・・・・・

 

彼女は80歳を過ぎても、話す内容が若々しく、しかし経験に裏づけられていて本当に感嘆しました。

こんな出会い、貴重ですね。

あまりにも遠いので、もうお会いすることもほとんどないまま、いずれ死がふたりを分かつのだと思うと哀しさを感じました。

ぷち旅行

今日は職員旅行に行きました。

家族も可、ということで水族館の好きな夫がついてきました。

品川のアクアパークという水族館。

くらげがきれいでした。

 

そして品川プリンスホテルのランチバイキング。

蟹食べ放題が売りです。

でも、先日、夫の故郷・香住から送られたきた蟹があまりにも

新鮮でおいしかったので。

ほとんど食べる気持ちになれませんでした。

かなり新鮮な部類の蟹だったんですが・・・・

片道2時間のバス旅行。

ちょっとした旅行気分で、良い気分転換になりました。

 

今日はパソコンの調子が悪く、写真を載せるブログ 2つ 書くのに。

2時間以上もかかってしまい、もうへとへとになりました。

せっかくの気分転換が台無しになってしまいました、残念。

 

三連休

今週は珍しく三連休でした。

でも一日目は、病院に行って、残った仕事をやりました。

二日目と三日目は原稿が気になって、どこかの喫茶店に行っていました。

せわしなくて、もうこんな暮らし、さすがに嫌になってきました。

 

今日は雨。

スタバにしました。

にぎやかで気晴らしにもなりました。

 

夕食も余裕で作りましたが。。。。。。

夫が料理をするようになってから、私の あら が目立つらしく。

「辛い。醤油大何杯入れた?」など聞いてきます。

 

こちとらは測ってなどいません。

えーっと 3杯、とか うその答え。

 

今日も野菜料理ふたつ。

「これ似ているね」とか。

魚ふたつ。

魚づくしで重いわ。とか言ってくるので、黙る。

もう、言われぱなし。

でも、言い返しはしません。

「嫌だったら残して」と言います。

料理のうまい人も理想だけど、文句つけるようになるよ、って言われて

いましたが、本当ですね。

「こんなに料理が下手だったとは知らなかった」ですって!!

黙ってスルーします。

 

まだまだ家事の雑用が残っていてイライラします。

今日のブログの写真も縦横さかさまですが、

もう直す気力、無し。

私の生き方

友人夫妻が寄っていってくださった。

ご夫婦ともにキャリアマン、キャリアウーマンだった。

でも今は退職して、好きなことをしながら仲良く暮らしておられる。

 

私の夫も、定年前から仕事をリタイアし、好きなことをしながら

暮らしている。これまた楽しそうである。

 

そして私と言えば、若いころより働いている。

子育てがある上に、夫も働いていた若いころより。

子育てもなく、夫が家にいる今は、若いころよりはるかに

はるかに働くことに楽ちんである。

 

仕事は楽しいばかりではない。

行くの嫌だ、と思う日もある。

やめたいと思う日もある。

 

でも仕事そのものは好きだし、子育ても介護もない今は人生で

もっとも楽ちんだ。

もし今の仕事をやめても、何か仕事をすると思うくらい仕事好きの私。

誰かの役にたったり、手ごたえのあることが好きなのだ。

 

お金がもらえることも好きだ。

自分でしっかり働いて、そのお金で楽しむということが好き。

 

夫がお金持ちだったとか、親の遺産があった、とかいうことはないので。

自分で働くしか生活できなかったので。

ボランティアは嫌いです(笑)

誕生日の一日

昨日の夜、夫に「明日は私の誕生日よ」と言いました。

「たまにはランチに行こうよ。くらすわに行ってみたいわ」と言いました。

夫はあまり気乗りはしていないようでした。

 

さて朝。朝ごはんを食べた後「あそこはとても混むので11時出発よ」と

言いますと「おなかすかないなあ」と気乗りしない様子。

この日はピラティスの先生が来る日でしたが、ピラティスをやりながら

心がもやもやとしていました。

 

数年以上に一度の日曜日が誕生日なのに、私の希望に添わないわけ?と少々腹を

立てていました。

 

さて、ピラティスが終わったので、「行くよ」というと「うーん。人の多い場所には行きたくないな」「ラーメンはどうだ」と言います。

怒りを抑えながら「ラーメンは食べたくない」と言いますと。

「それなら近所のお蕎麦屋さんはどうだ」と言います。

 

「お蕎麦なんか食べたくない、あなた、そんなに我をはらなけりゃいけないの? それに映画も見たいの。ランチして家に帰り、私だけ映画に行くから」

と言いますと「家に帰ってからじゃあ疲れるぞ」とかなんとかとにかく

行きたくない様子。

「いい。ひとりで行く。恨みつつ、ひとりで行く」と言いますと。

「待って! ランチ行く。恨まれちゃあかなわんから」と手を変えてきました・・・

でも、私の心は決まっていたので、さっさと出かけてきました、ひとりで。

 

本当はね。

暖かい日だし。日向ぼっこしながら猫と遊ぶ一日が素敵だって知ってるの。

夫がわざわざ快適な家から出たくない気持ちはわかる。

私だって、家にいるのも悪くない。

だけど、これだけ行きたい気持ちもあるっていうんだから、つきあったって

いいじゃあない。

 

私は実に芯が強く、行動的で、愚痴を言ったり、相手の嫌がることをさせる人ではない。

ほんとに 普通の男より男らしいのだ。

嫌味、愚痴、いっさい無し!!

 

こんな感じになったら、ぜったい意地でも、ひとりで行く。

 

ランチがとてもおいしかったので大満足。

「くらすわ」の一回のテーブルで時間をつぶしてから岡谷スカラ座に行きます。

今年度アカデミー賞をとった秀作です。

夕食はコンビニ弁当を買って帰ります。

たまには いいぜぇー

雪やら快晴やら・・・・・

このごろ、雪が降ったり、快晴になったり起きてみないと

わからない天気。

でも日一日と春が近づいている気配。

うれしいです。

 

今日は当直だったので、きわめて落ち着かない一日。

なんだかせっかくの休日なのに、朝からそわそわして。

休日の当直だけは御免だという気分です。

 

白樺のテーブル

 

暖かい一日でした。

ベランダで珈琲を飲める暖かさです。

 

隣にある村の林で樹を切る音が響きます。

 

突然夫が、「あの白樺、貰ってきて」と言います。

「嫌よ、なぜ私が?」と答えたものの・・・・・

「珈琲カップを置いたり、座ったりできて素敵だよ」と言います。

とつぜん、私の欲の皮がつっぱってきました。

たしかに・・・・・・!

 

見栄っ張りの夫は行きたくないというので。

ひとりで車に乗せてもらってきたんですが・・・・・

その重いこと、重いこと・・・・水を含んでいるので、身動きできない

くらい重い。

 

でも、欲ってすごいですね。

火事場の馬鹿力を出して、5本も運びました。

重さのために後で、体調を壊すほどでした。

でも昔から、力だけはあったなあと思い出しました。

 

乾くと半分くらいの重さになるそうです。

もう二度と持ちたくないくらい重かったです。欲ってすごいね。

季節の行事・苺狩り

 

わが家の季節の行事。

それは苺狩り。

始めのころは、静岡へ。

甲府に苺農園ばかりの村があることを知り、甲府へ通うこと数年。

そして最近は、家の近くの「諏訪湖いちご園」へ。

諏訪湖いちご園は片道30分。

食べ放題ですが、たった15分でおなか一杯。

☆   ☆   ☆

朝ご飯の後、夕食を作り始め、作り終わったのが朝の9時半。

餃子ともやしの酢の物、中華スープ。

休日の夕方はゆっくりしたい。

そうだ、朝のうちに夕食を作ってしまおう。

そう思ったのは、先週の日曜日、疲れた身体で夕食を作ったところ・・・・

大失敗で、ローストチキンを黒こげにしてしまい。

やむなくラーメンを食べに行く羽目になったから(涙)

 

食事作りは、早め早めの準備がコツですね!

 

アニメを作ってみました。

買い物をしてからコメダ珈琲で原稿を書いた。

今日は、喫茶店に行く前に買い物をしました。

だけど、10年住んでいても。

① ふだんは夫が運転する。

② 決まった道以外、運転していない。

という2点でもって、ユニクロにひとりで行くことが大騒動。

田舎町の道は屈折しているので、高速道路専門の私にはむづかしい。

だけど、これからもこの土地で暮らすとなると、やっぱり自分の力で

行きたいところに運転して行くべき。

そう決心している私。

 

昔は運転を相当敬遠していましたが、最近積極的に自分の力であちこち

行くようにしています。

 

山梨の田舎に来ると知ったとき。また今の山の中に住まうと決めた時。

友人たちからはだいぶ「将来、どうするの」と言われました。

でも余計なお世話。だって一番考えているのは自分ですもの。

運転は大変と言えば大変だけど、自分の力であちこちに行けることは

大変な能力。

それを使いこなす力を持つことは生きる力。

 

そう思っています。