大阪へ

大阪に住む義兄が重い病気になったというので、夫や妹とお見舞いに出かけた。

泉大津市まで車で片道7時間。大変な遠さだ。

金曜日の仕事を終えてから行ったので、大変だった。

それでも、義兄夫婦が喜んでくれたし。

姪も来てくれて、楽しい数時間を過ごせた。

 

患者さんたちを見ていると、元気な時には親類は誰も来ず。

やれ、危篤になってから大騒ぎされる。

そんなのは反対ではないかといつも思っている。

 

だから、もし亡くなっても私はもう、行かない。

元気なうちに行くというなら、とついて行った。

 

帰りに、義妹と三人で、ぽんぽこ亭の美味しいお好み焼きを食べた。

大阪に行ったら、かならずぽんぽこ亭のお好み焼き。

わたし流しあわせの見つけ方

ガレットを食べに。

今月末、東京の知人から信州に来ると連絡があり。

ランチを食べに行くことになりました。

さて、どこに行こう。

ランチをしない私としては、まずは下調べに行くことに。

今日はピラティスの日だったので、先生にお声をかけたら、ふたつ返事だったので、うれしかったです。

ノリがいいと気持ちよく決まりますね。

それと、予定するよりもその時の気分で一瞬で決めるほうがお互いに負担がないですよね。

早速、蓼科ビリッジの、フランス人が作るガレットの店に行ってきました。

スーパーに行く感覚で、お洒落なレストランへ出かけられる当地。

ちょっとした気分転換になりました。

 

わたし流しあわせの見つけ方

紅葉真っ盛り・わが家の庭

わが家の家の前の道。

きれいです。

 

わが家の庭の紅葉も、今日が盛りでした。

猫と遊びました。

 

夕食に夫の故郷、香住から送ってきた、かれいの干物。

干物がこんなに美味しいなんて!

わたし流しあわせの見つけ方

「野菜パンど・どう」の葡萄の木

患者さんのご親族がやっておられるパン屋さんに寄ってみた。

野菜パンが特徴の韮崎の店だ。

一番驚いたのは、食べた葡萄の種を子供が鉢植えにして。

それに芽が出て、葉っぱが出たので、地植えにしたところ。

どんどん大きくなり、大きな葡萄の実がなったという。

本当に驚いた。

その葡萄の子孫が、庭のあちこちにはびこっており、実がなっていた。

そして、その葡萄の酵母で酵母パンを作っているとのこと。

本当に驚いた。

帰宅して夫に話したら、庭に苺を植える予定だったのに、突然!

「葡萄を植えようかな」ということになった。

10年も「苺、苺」と言い、挑戦してきたのに、突然、葡萄(笑)

でも寒冷地の我が家には、苺より葡萄が合っているかも。

野菜パンどどう さんに 葡萄を植え方を伝授してもらおう。

 

さて、今日は秋晴れ。

でも家の中はあまりにも寒く、やむなく近所を歩いた。

何ケ月ぶり。多分、半年ぶりくらいの散歩だった。

秋景色がきれいだった。

わたし流しあわせの見つけ方

やっときんぴらごぼうを作りました。

ずっとずっとずっと忙しくしていました。

日曜日は、「ない」に等しい状態でした。

今日から、解放されました。

出版の本の原稿も届けました。

 

今日は3年半ぶりに、一日中家にいました。

夫から、そう言われて気づいたのです。

買ったまま、ほったらかしだった牛蒡をやっときんぴらにしました。

 

なんだか疲れていて。

昨日は病院から呼び出しもあったりして。

だらだらとしか過ごせませんでしたが。

一年半もほおっておいた スマホの設定をしたり。

料理らしきものもしたり、朝寝をしたり。

 

これからは何か好きなこともしたいし、だらけるのもいいかも。

いずれにしても、何かの予定は、習い事や趣味でさえ。

もう、いれたくない心境です。

つくづく疲れたなあ(精神的に)と思います。

 

いろいろあり過ぎて・・・・・ね。

職場が、ね。

責任感もほどほどにしないと。

 

わたし流しあわせの見つけ方

忙しい、と言いたくはないが。

忙しい、とは言いたくないですね。

言わないつもり、なんですがね。

でも余裕がなくて、田舎の今ならではの景色も「美しい」と思えない

くらいです。

 

事務長さんが新しくなったら大変だろうと予想して連載をやめました。

でも予想以上に大変です。

大変すぎて、よく、わたし、もってるなあと思います。

 

余裕なくても、自分の家の庭だけは好きです。

心からほっとします。

大好きです。珈琲飲んだり、猫と遊んだりします。

 

忙しいと悩む暇がなくていいです。

夫婦喧嘩をする暇がなくていいです。

人に頼ったり、甘えたりできます。

いいこともありますよね。きっといいこともすっごくあるんだと思います。

だから頑張れるんですよね、きっと。

 

わたし流しあわせの見つけ方

都忘れ

今年も都わすれが咲き乱れるころとなりました。

このあたり、秋の始まりというころに咲き出します。

群生で咲いている様(さま)は圧巻。

必ず、写真を撮りたくなります。

すごく可憐な花ですが、この花、強くたくましいのです。

いくらでも増えていきます。

それでも好きな花ですね。

 

まだまだ暑い地域があるようですが。

当地はちょうど22度くらい。

庭でゆっくりできました。

わたし流しあわせの見つけ方

子どもとの距離感

世の中には、親も子もいない孤独な方もおられる。

しかし世の中の多くは、娘たち夫婦や孫とかなりべったりとくっついて

暮らしている。

いずれにしろ、いろんな家族がある、全部違う。

 

私の場合は、子育てだけはしっかり可愛がって育てていたが。

自分と親の距離は遠く。

自分と子供たちの距離も遠い。

 

愛がないわけではないが、子供たちは、年に一回か二年に一回来るだけだ。

今日、突然やってきた息子も、二年ぶり。

それもたった2時間の滞在だった。

 

愛はあると思っている。

でも、子どもは20歳まで育てたら十分だ。

あとは、別々に暮らし、距離感を持ちたいと思っている。

 

自分の心と向き合う時間のたっぷりある孤独な暮らしが好きである。

 

それにしても、二年ぶりに会う孫の背の高さにびっくり。

はにかんで「はい」「はい」と答えるだけだけど、かわいらしい。

こんな関係でも「愛」は「愛」である。

 

「自立、自立、とうるさいんだよ! いろんなケースがあるだろう」と

わたしに噛みついてくるオジサンやオバサンがとても多い。

それだけ親ばなれしていない子供が多いということだ。

だけど私自身は人間の心や経済の自立をとても重んじている。

 

世の中はこれからもどんどん悪くなるだろう。

政治のせいだけにしてはいけない。

 

 

わたし流しあわせの見つけ方

自然文化園のデリ&カフェ

長らくダサいレストランでしかなかった文化園のレストランが。

素敵なカフェに変身していてびっくりした。

 

ここは冬の営業で人が来ないので、今までいくつものレストランが閉鎖した。

今年のリニューアル・カフェは、Uターンの若者がオーナー。

本がたくさん置いてあり、ソファあり、カウンターあり、子供コーナーあり。

なんせ村の建物だから広々としている。

気合いの感じられるいい雰囲気。

レストランで食事をしない主義の私にとっては、食べ物はどうでもよい。

居心地のいいカフェであってくれさえしたらいい。

 

読書も、パソコンも、日記書きも、考え事もすべてカフェで。

雑念の出ないこんな場所、サイコー。

 

 

わたし流しあわせの見つけ方

夏野菜の天ぷら

台風一過の青空はなかったけれど、比較的涼しかった。

でもなんとなく身体がかったるく、何もする気がしない。

夏負けとか暑さバテではない。

つくづく、職場で疲れているのだ。

 

職場の体制が変わり、気を遣うことも多く、気苦労も多く、気持ちの

休まるときがない上に忙しい。

なぜ私はノイローゼにならないんだろう・・・と不思議なくらいだ。

 

イバラの道は当分つづきそうだ。

ここに書いたら、少しは悪い気分が抜けるかも、と思って書いた。

職場では言えないし、このブログは仕事関係の人は見ていないと思う。

 

夕食は夏野菜の天ぷらだけ。

 

 

わたし流しあわせの見つけ方