男の子が生きていきにくい社会だと思いませんか。

私がクリニックを開業した平成3年ごろには、クリニックに来るのは、若い女性や主婦の方が、クリニックを利用し始めたころでした。

男子たるもの、精神科クリニックになど行くべきではないという風潮でしたから若い男性の来院はかなり少ないでした。

若い女性の過食症や拒食症、強迫性障害の方など、今まで誰にも相談できないで苦しんでいた方たちがこぞって精神科の門をくぐりました。

 

ところがこの数年、若い男性ばかりがとても多くなっています。その多くは本来の精神的疾患ではなく、社会に適応できない、会社に適応できなくて悩む方です。とても軟弱で未熟さが目立ちます。

初診の方で多いのが、若い男性、それから認知症のお年より、それについで初老の女性です。若い女性の来院は昔に比べたら少なくなっているように感じます。

初老の女性が多いのは、これまた女性の寿命が長くなり、それまでの生き方の問題が噴出してくるせいです。初老の男性が少ないのは、男性は生き方で悩むほど頭がやわらかくないですからね。来られる時は、認知症になったときです。

生き方が多様化して生きていきやすくなったのは若い女性です。逆に男性は多様化したことで生きにくくなっているように感じます。

なぜなら多様化したせいで、どんな生き方でもいいとは言うものの、どう生きていったらいいかわからなくなるのですね。「男子たるもの、一家を養っていかなければならない」という男性性は当然求められます。一方、家事を手伝う人としてまたイクメンとしても期待されています。アイデンティティーが持ちにくいです。昔の男性よりはるかに立ち位置がむづかしいのです。

しかしその前に、家庭が母性化しているので、母親に取り込まれて軟弱に育ちます。未熟なまま社会に出ます。しかし家庭から一歩出ると、男性社会ですからきびしいですよね、外の世界は。楽な仕事なんてないですから。

一方、母性化した家庭の中でのびのびと育った女性は、そもそも家からも社会からも期待されていないので、肩にのしかかってくるものの重さが違います。

「期待されていない」というのは悲しいようですが、どっちにころんでもいいわけですから気持ちがラクなんです。のびのびしています。働いても良し。結婚しても良し。未婚でも良し。いいですよね、この自由さ。

 

男の人が生きていくのは大変な時代にもっともっとなっていくことでしょう。

 

男の子の子育てには、いくつかの注意点があります。

本来、女性は産む性なので逞しく、男性は見かけとは別にデリケートでナイーブな人が多いように思います。

 

男の子が逞しく育つために必要なちょっとしたコツを知っているのといないのでは、社会に出てからの生きやすさが違ってくるでしょう。

お母さんに去勢されたような軟弱な男の子が増えて、クリニックの門をくぐる男性が多いのは悲しいことです。

それはその前の、結婚する時の「ふたりの関係」から始まるのですが、結婚する前の男女の関係を育てる分野の仕事をする方がいてもいいと思うほどです。だって早いほどいいんです。安易に結婚したり、恋愛をしているようで、実は対等な尊敬や信頼の関係にない恋愛から結婚生活が始まると子育てにも影響が出ます。

精神科で定点観測をしていると、10年単位くらいで、時代の変化を感じます。精神科は、もっとも社会の裏面、ホンネの部分が見える場所。

そんな場所にドンと座って、ゆっくり患者さんの声に耳を傾けている時が一番こころが落ちつきます。

私もまた、患者さんになれる素質を持っているからでしょうか。

しかし「医療」とか「疾患」というより、社会的、心理的側面で病む患者さんが、医療費を使って診療を受ける今の体制はよくないと思います。社会が悪いという前に親たち、大人たちが学び、変わっていかなければいけない面があると思っています。

 

わたし流しあわせの見つけ方

体操の効用はあるか?

20年くらい前のこと。

80才くらいだった母に電話をしました。仕事中もなんだか身体がしんどく、腰痛などもあってぼやきたかったのです。

母が言うには。

「あのなあ、やっぱり体操が一番やで。」とのこと。

私は鼻でせせら笑ったのでした。

「お母ちゃん、そんな生ぬるいことで治るようななら誰も苦労はしない。なんかもっときちんとした運動とか激しい運動しないとね。歩くとか走るとか。体操なんて生ぬるいわぁ」

 

はっきり覚えている。

体操なんて 生ぬるい!!

と言ったことを。

 

でもその後まもなく、筋肉が固くなったための腰痛やぎっくり腰がひどくなって。

そして、いろいろ治療をして辿り着いた結果は、身体を柔軟にする大事さ。

体操って案外バカに出来ないことを思い知ることになる。

 

それでも体操を続けたわけではない。

ほんの10日ほど前に、この簡単な「ぴったり前屈」という本を見て、これなら私にも続けられそうかな、と思って、一週間くらい続いている。

続くかな? と思いつつ、今は朝起きたときに庭でやっている。ほんの10分たらずだけど。

 

私の身体は相当やわらかい。理由は不明。なので、相当の転び方をしたことも数知れないけど、骨折しないのである。やわらかいせいだと思う。この体操は気にいっていて案外、続くような気がしている。

体操はバカに出来ないと思っている。

♡ぴたっと前屈      まだまだピタッといきません。

♡後屈   ここまで出来るひと、いるかな?

♡ 側屈   あら、身体がねじれている、写真に撮るとわかるね。

♡軸回転    イッチにーイッチに―と左右に10回づつ行います。

わたし流しあわせの見つけ方

私の運動習慣・つづいています。

たった今、プールから帰ってきました。

プールには週二回行きますが、しばしば当直と重なるので、月に6回行ければいいほうでしょうか。

それでももう、18年目に入りました。

 

まったく泳げないばかりか、泳ごうと練習を始めても頻脈発作をきたすので、怖くてずっとウオーキング専門でした。

何年もただただ、ひとりでプールを歩いていました。

ある時、ふと水中で踊るマネをしたら「上手上手、泳げてる!」と言う人がいて、それが泳げるようになったキッカケです。

人ってほめるものですね。

 

いくつになってもうれしいんです。

それから25M泳げるようになり、50M泳げるまで何年もかかりました。

 

そして今夜。

40分でいっきに 700mを泳ぎました。

 

爽快です。

 

今、体操に目覚め、朝の15分くらい、朝陽を浴びながらわが庭で体操をしています。「ぴたっと前屈」という超簡単な体操です。

朝陽を浴びながら、というところが味噌で、とても気持ちがいいのです。

 

ウオーキングなども何回も挑戦しましたが、続きません。夫から「仕事に行くこと自体が運動だろ」と言われ、目からウロコ。

そうなんです。歩いたり、階段を登ったり、トイレで「ちょこっと背伸び」したり、やはり家にだけいるより、大きく身体を動かす機会は多い。

 

こんな風にして、大きな時間をとることなく、運動習慣を続けます。

よく働く頭とよく動く身体。

 

人生最後まで大事なのはたった、多分この2つだけ。

 

♡10年前の母の日に贈られてきた クレマチスが、なんとか今年も咲きました。

下はわが家の庭のお花畑・

 

わたし流しあわせの見つけ方

ブログをスマホ対応に変えました。

ブログをスマホ対応に変えました。

上の写真は、13年間このブログの表紙でした。

知人が作ってくれましたが、その方はジュエリーの作家さん、女性より女性的な可愛いジュエリーを作る方で私の好みをどうして知ってるの?

というくらいこのデザインを長らく気にいっていました。

でも今回スマホ対応では、このイラストは解像度が低くて使えませんでした。

自分の撮ったチューリップの写真が手元にたまたまあったので、それに変えました。

私の執着は消え、今度の表紙を愛そうと思います。

そしてまた、今度は時々表紙を変えてみようと思います。

 

さて。

スマホ対応にしましたところ、スマホで見るととてもきれいにブログがあらわれます。

そのかわり、パソコンで見ると、なんだか間延びした感じになります。

今、私のブログの読者は9割5分がパソコンからです。

また私自身は スマホを持っていない のです。

 

スマホを持たない理由は、職場からも携帯電話を持たされていますし、iPadもありますし、これ以上忙しくしたくないからです。

持っている人を見ると「いいなあ」と思わぬでもないですが、やっぱり私には不要なんです。

 

ではなぜスマホ対応にしたかというと、スマホで気軽に見てくれる方を増やしたかったから。

 

今日は職場の女性のスマホから自分のブログを見せてもらいました。

でもその方は、全然関心なさそうでした(笑)

 

今の若い人は、こんなブログを見るためにスマホにしてるわけじゃあないですからね。

 

でも決めたので、これでいきます。

よろしくお願いします。

 

と言いつつ、やっぱりスマホ対応だと、長い文章はどうなのかしら。まだ改行に慣れません。

また、読者さんの意見も聞きながら考えます。

(といってもどなたが読者さんなのか全然わからないんすけどねww)

わたし流しあわせの見つけ方

悲しい気持ち。

 

原稿を書きに、近所の喫茶店に来ている。

隣の席の60才代の二組の夫婦がにぎやかにさんざめく様子が腹だたしくうるさく感じられる。

さきほど、悲しい想いをしてきたばかりだからだ。

☆   ☆   ☆

林の中にひっそりと佇む、誰ひとり訪れる人とてない喫茶店。

一昨年も昨年も夏になるとそこで原稿を書いていた。

冬季は休業なので、今日初めて行ってみた。

 

暗い、人気がない、カフェ続きの自宅のドアを叩いてみた。

ひっそりしていた。

「いつも休んでるんだよなあ。気ままな商売なんだから」

あきらめて帰ろうとしたら、ご主人が車で帰ってきた。

「お休みされてますね」と言った。

ご主人は痩せてみえた。悲しそうな顔をされた。

「女房、二週間前に亡くなったんです」

「お線香をあげて行ってください」

 

驚いたが、あり得ることだ。

手作りの自宅の、ぎしぎしと音のする階段をあがり、お参りを

して、話を聞いた。

ももちゃんという一歳の犬が、人がきてうれしいのか、噛み続けて

くる。

昨年の暮れに乳がんがわかり、わずか半年だったと言う。

ご主人は悲しさに耐えきれない様子だったので、一時間ばかり話をしておいとまし、別の喫茶店に来た。

何が悪かったんだろうと後悔するご主人。

「どこかさびしそうな印象のある奥さんでしたよね」とホンネを言った。

「そうでしたか。こんな不便な所に越して30年。苦労させたかも

しれません」

「こういう環境は落ち着くけど、閉鎖的になってしまうので、ついついいろんな気づきを得られにくいのですよ」とホンネで話した。

ご主人と話すのは初めてだ。

でもホンネで話をしたい気分だったので、優しい言葉を使ってホンネでしゃべった。

自分の息子の話もしたら、その時だけ自分も涙が出た。

やっぱり、私の心もまた、ずっとずっと長年悲しんでいるんだと

思ったし、このご主人も死ぬまで悲しむんだろうなと思った。

 

「店をどうしようかと思って。彼女は何を望んでいるかと思って」

「続けたほうがいいに決まっていますよ。奥さんが愛した店ですもの。続けてください。また来ます」

そう言って、辞した。

 

人のイノチ、はかな過ぎて言葉もない。

大事にしなくては、自分の人生。

 

隣の席ではあいかわらず話がはずんでいる。

出てきたガレットを「きれい!きれい!」とはしゃぎ。

私に写真まで撮らせてくださった。

いいじゃあないの、楽しんでくださいな。

じゃあ、と言って出てきたら、若い男の子がひとりで入ってきた。

若い男の子がひとりで、なんて珍しいのだよ。

 

と思っていたら、にぎやかな夫婦二組が出ていった。

静かになり、突然流れている音楽が聴こえてきた。

いいなあ、好きだなあ、この時間。

 

私は喫茶店が好きだ。

夫を嫌いなわけじゃないけど、ぜったいひとりの時間が必要だ。

家に帰れば、メイドになり、主婦になり、愛猫の調教師なのだから。

 

そして、休みの日も、けっこう仕事ばかりしている私だなんて

職員さんは誰ひとり想像していなくて、責めたててくるんだよな。

 

 

わたし流しあわせの見つけ方

向日葵(ひまわり)って好きですか?

向日葵(ひまわり)は夏の花、今咲いています。

向日葵を見るたびに思い出すことがあります。

 

大学生のころ、男子の同級生に「天心爛漫なひと」と言われました。

同じころ、女性の同級生に「向日葵のようなひと」と言われました。

誰も想像しないでしょうが、私はその言葉たちに少々傷ついたのです。

「向日葵のよう」と言われて傷つくなんてヘンですね。

 

それから幾年月。最近も「頑固なところが自分と似ている」と言われ、その方の頑固さに困っていたところだったので、とても腹がたちましたし。

先日、20才くらい年下の男性にからかわれて困っていたら、そばにいた男性から「○○さん(私のこと)って、打たれ強そうだから、大丈夫」と言われて、そんなに強くないよ、って腹が立ったの。

 

そんな風に、誰からもとても「強い女性」と思われているワタシ。

 

それは当たり前かもしれません。

 

だって、ゴルファーみたいにスラリとした体型。

顔は決して色白ではない。

声は低くて大きい。

女らしいしぐさが少ない。

大股で足早に歩く。

ハハハと大きく口を開けて笑う。

サバサバしていて、こまかいことに全くこだわるフシ無し。

などなど。

 

今の夫でさえ「初めて会ったとき、山田邦子みたいにあっけらかんとして明るかったので、気持ちがラクになって、結婚してもいいかなと思った」というのですからね。

 

でもね。人は見かけに寄りません。

 

本当に、本当に、本当に私を知っていくと、いかに私が細やかに

気配りをしているかを知るんです(ホントかな?)

「気配りそんなにしていないかも!あっけらかんだ!」と思わせるような振る舞いするって

 

いかに大変な気配りが必要なことか

 

なんて知っている人、いませんよね。

 

だって、相手がいかにも気配りの人だったら、こちらも相当に気を使いますよ。

つまりはそういうことなんです。

深いんですよ、人間っていうのは。

だから、とても気を使って物事を運ぶ人には「あなたが気を使えば使うほど、相手もそれに負けないように気配りを強いられるから、気楽にいったほうがいいよ」って言うんです。

これって私だけの勝手な解釈でしょうか・・・・・・

 

話しを向日葵(ひまわり)に戻します。

 

ひまわりは大きくて、大ざっぱな花で、決して繊細とは言えない

カラッとした花なので、あまり好きではありません。

 

でもね。

当地に咲く、このひまわりだけは好きなんです。

こぶりで可愛いい向日葵なんですよ。

この向日葵は大好きで、毎年楽しみに花農家に買いに行きます。

 

○○村に咲く向日葵のように可愛くて美しい女性ですね、

とほめてもらったらうれしいだろうなと思います。

 

わたし流しあわせの見つけ方

男の子に生まれたかった私ーーー中学生の日記から

中学2年生の時の日記が出てきました。

☆    ☆    ☆

今、球技大会のことでクラスがもめています。今日はちいさなけんかになりました。わざわいは口からと言うが、Y子さんも私ももうちょっと口をつつしんでいれば良かった。私たちはよくけんかみたいになる。けれど、わたしはあとまでネチネチしないほうである。今回もなんとも思っていなかったのに、Y子さんが私とはもう口を聞かないというので困っています。

 

声をかけても、ロクに口をきいてくれません。そこで私も腹をたてて、口を聞かなくなりました。

今日も仲良くしようと思って近づいていったら、廊下で出会っても、こちらを見てじっとにらんだのでわたしはつい声をかけそびれてしまいました。

 

こんな喧嘩はもうしたくないと思います。もう口を聞かなくなって12日にもなるのです。

 

先生。

今日はこころにわだかまっていたことを全部この日記に書いてしまいました。だから嫌なことは、私の心から出てしまったのです。

 

あしたはもう。わたしとY子さんの明るい笑い声が教室から聞こえてくると思います。

 

先生、見ててくださいね。

☆     ☆     ☆

と書かれていた。中学2年生の春である。

東京に住む彼女とは、今もおつきあいがある。

 

 

毎日の日記には、赤ペンで先生の丁寧なコメントがつけられている。

 

●友達とのいざこざ。

●気分がすぐれなかった日のこと。

●つばめが巣を作ったこと。

●なんでも話せて、心から笑える家庭を作るのが夢だというような    こと。

●家庭が不幸なので、かわいそうだと思う友達のこと。

●進路の相談。などがいっぱい書かれている純情な日記だ。

☆     ☆     ☆

女の子らしい観察記録もあった。

 

「毎日、この日記でけんかがおこる。

「なあ、見せてんか」と誰かが言う。「いやや」ともうひとりが言う。見せて、見せないでの喧嘩が毎日2回はおきる。

女の子は本当にねちねちとなんでも喧嘩の種にしてしまう。

そして、泣いたり笑ったりをくりかえしている。

わたしはあっさりした性格だし、なんでもしんぼう、しんぼうと言い聞かせているのだけど、女の子のいざこざは、見てるだけでも大変です。

先生、わたしは男の子に生まれてきたかったです。

男の子はなんでもすっきりさっぱりとしているのでいいなあと思う。

神様、今度生まれてくるときは、男の人間にしてください。

 

と書かれていて、笑ってしまった。

 

私が「男」だったら、随分ネチネチとした男だったろうか。

それとも、普通の男性よりさっぱりしててカッコ良かったかも。

うん、私って行動的だし、ネチネチしないし、太っ腹だし。

職場の男性たち見ていても、私のほうが男性的で、決断力があって

行動力があって、太っ腹でかっこいい気がする(笑)

病院という所は、看護師さんたち女の世界。

どろどろとした女の世界に近づかず、うまくたちまわっているのも

すでにこの頃から萌芽がある。

 

先生のコメント。

「男、女は人間の宿命だから仕方ないよ」と書いてあった。

 

中学1年から3年間、こんなにしあわせな出会い(先生と生徒)があったことに心から感謝した。

☆    ☆    ☆

それにしても、わずか13才で私の人格はもう出来上がっていることに驚く。今と同じである。

辛抱強く、ネチネチが嫌い、観察力がある、書くことが好き。

(たった12年間生きただけで、人間って赤ちゃんからここまで成長するんですね。)

 

そして。

笑いのある、なんでも話せる温かい家庭を作るのが夢です。

にも笑った。

夫から半分は逃げ回っていますが(笑)、一緒にいる時には

よく話し、笑いが絶えません。嫌味や喧嘩もまったく無し。

あれええ、この願い、叶ってるぅと思いました。

(一回離婚してるので、年月はかかっていますが、

したかかに目標は達成しておりますね)

わたし流しあわせの見つけ方

人が亡くなること。

昨日、100才にも近いご高齢の方が亡くなった。

主治医が不在だったので、私がお看取りをおこなった。

ただただ眠っていて、普通に息をされているかのような感じだった。

でも亡くなっているのだ。

すごく不思議な感覚だった。

悲しくなかった。

 

病院であたり前におこなわれている看取り。

なんだか感情がない「死」の儀式。

 

お子さんがもうおられないのか、孫さんが来られた。

孫さんは若い女性で、幼いふたりのお子達を連れておられた。

やっぱり悲しい素振りはなかった。

準備をする間、お子達を笑いながら普通に遊ばせておられた。

 

なんにも変わらない病院の中、誰かの感情も特別動かない中で、ひとりの人が亡くなった。

 

病院ではあたり前の、日常的なことだけど、こんなにあたり前でいいのかなと思った。

でも当たり前の出来事のひとつだとも思えた。

 

初めて医者になった時に、初めて人を亡くした時は泣けた。

今ではもう泣けない。

 

でも、生きておられるうちは、全然面会に来ない方ほど。

亡くなった時、大騒ぎされたり、大泣きされることがあって。

それもまた不思議に思う。

 

生きているうちに、もっと喜んだり悲しんだりしたらいいのに。

生きてる時は、全然会いにも来ないのに、会いに来ない人ほど。

亡くなったときに大泣きする。

 

それも不思議な現象だと思う。

 

やっぱり、生きているうちに、喜んだり、大事にしたり、悲しんだりしたい。

そう思う。

 

亡くなったらもうおしまい。

身体は朽ちるので、心の中で出会うしかない。

 

わたし流しあわせの見つけ方

なんと!佃煮を作りました。

先日の日曜日。

なんと海苔で佃煮を作りました。

単に、出し昆布を買い過ぎたからです。

インターネットで見ると30分ほどで作れると書いていましたが。

いやはや、6時間もかかってしまいました。

汁が煮詰まるまで大変です。

ただし、手をかけたわけではないです。

 

このごろ弁当を持ってきています。

今日のお昼は、当直明けなので、二食分持ってきたサラダなど。

 

これもサラダが特別、好きというより。

とにかく、近隣の野菜がすごく安くで売っているので。

ついつい買ってしまうからです。

 

私の料理は「つい買ってしまったもので」「やむなく」作ることが

多いです。

 

あ、でも佃煮、見てくれは悪いですけど味はとても良かったです。

 

わたし流しあわせの見つけ方

66才のシンプル主義

 

 

石原佐知子さんの「66才のシンプル主義」という本を読みまし

た。

 

個人的なおつきあいをいっさいしない私にとって、こういう軽い

本を読むのは、友達としゃべる感覚です。

 

「シンプルに生きる」系の本は最近の流行りですね。

でも、本当にシンプルに生きれている人、少ないです。

 

彼女は「50才からわがままに生きる」という主義も貫かれて

いるようです。

結婚40年のご主人とは、ご主人はイタリアに10年、今はバリ

島。彼女は東京。3ケ月だけ東京で同居されるそうです。

 

50才か???

なんだか昔だなあ。

 

じゃあ、まだまだ働いて、我慢ばかりしている私って何モノ?

(いやいや、組織ってホント、ストレスフルなんです)

 

そろそろリタイアして、わがままに・・・・・と考えていましたら

どんどんワクワク感が出てきました。

 

でも、ふと考えてみました。

すべてを捨て、すべてを捨てて、単身大阪に出たのが52才でし

た。

 

私って、あの時にすでに わがままになった のではな

いか

という気がしてきました。

 

そうなんです。

あの時、わがままを通してしまったから、そのわがままのためには

随分、お金を使うハメになってしまいました。

 

 

ですから今、働かないと食べていけないのは、わがままな生き方の

ツケのようなもの。

ずっと金沢でおとなしく生きていたら、とっくにリタイアできて

いるくらい豊かだったはず。自分で選んでしまったんですね。

 

そうなんだ。

私って、もうわがままな人生に方向転換してしまってたんだ、と

妙に納得した次第です。

 

家のクレマチスが本当にきれい。

その下で珈琲をのむしあわせも。

猫と外で戯れる日常も、十分にわがままな人生なのでした。

みんな、知らず知らずに自分で選んでいるんですね。

今からもっとワクワクっていうのは欲張りかもしれません。

 

と思いつつも、もうちょっと負担を減らして仕事しなくては。

20才以上年下の男性ドクターより働いているかも、です。

 

男性に「奥さん」という付き人がいることを計算すれば。

倍以上、働いていますよね、きっと(自慢にはならないか)

 

あれあれ? 結局きょうのブログ、恨みと愚痴で終わってますね(笑・笑・笑)

 

☆   ☆   ☆

下記の本はいい本です、運動習慣、私はこれでつけていきます。

わたし流しあわせの見つけ方